丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba

22日、 チームワールドカップ 2018<2月22日~25日開催 イギリス・ロンドン> が開幕。男女各12チームのみが出場できる「チームワールドカップ」はオリンピック、世界卓球と並ぶ卓球団体戦"世界三大タイトル"のひとつと称される。

男子は、丹羽孝希(スヴェンソン)、張本智和(JOCエリートアカデミー)、大島祐哉(木下グループ)、上田仁(協和発酵キリン)の4選手が出場。初戦となるグループリーグ第1戦はエジプトと対戦なり丹羽、張本、大島がエントリー。

ダブルスが第1試合となる今大会。丹羽孝希/大島祐哉ペアが、サレ/ベイアリ・ペアを3-0のストレートで勝利をおさめ先勝。第2試合は注目の張本が登場。今大会で国際大会日本代表戦(団体)デビューとなる張本は、世界ランク17位のアーサルに対し2ゲームを落としフルゲームまでもつれ込むも、第5ゲームを11-4で奪いゲームカウント3-2で代表団体戦初勝利。第3試合は大島祐哉がベイアリに3-0のストレートで完勝。日本がエジプトを3-0で破り1勝目を上げた。第2戦は開催国のイングランドと対戦する。

男子グループリーグ第1戦・日本×エジプト
丹羽孝希/大島祐哉 3-1 サレ/ベイアリ
11-6/7-11/11-2/11-8

張本智和 3-2 アーサル
11-4/11-7/9-11/9-11/11-4

大島祐哉 3-0 サレ
11-8/11-6/11-8