ラグビー大学選手権で帝京大の9連覇阻止にあと一歩と迫った明治大のなかに、世界的名将も惚れ込んだ逸材がいる。山沢京平──。深谷高校(埼玉)出身の1年生だ。

 帝京大との決勝戦、山沢はフルバックとしてフル出場し、王者相手に堂々としたプレーを披露した。



大学選手権決勝でも1年生ながら堂々としたプレーを披露した明治大・山沢京平

 後半10分、敵陣左10メートルエリアで味方のロングパスを受けると、間合いをとっていた防御ラインに向かってやや前傾姿勢で直進。ディフェンスが迫ってくると見るや、その背後にふわりと球を蹴った。慌てて戻った相手選手の落球を誘い、明治大は自軍でのスクラムを獲得した。

 結局、得点には結びつかなかったが、山沢が見せた判断力の正確さと技術力の高さにスタンドは沸いた。

 過去12度、大学日本一を成し遂げている明治大だが、近年は低迷を続けていた。だが、山沢のほかにも同学年にロックの箸本龍雅(はしもと・りゅうが)やセンターの森勇登など、経験豊富なタレントが入部。名門復活に向け、期待は高まっている。

 決勝の前、山沢は「緊張を楽しもう」と心がけていた。実は、大東大との準決勝で山沢は捕球ミスを連発。それを受け、決勝戦までの過ごし方をこれまでと少し変えたという。

「大東大戦は緊張にやられてしまった。ああいうミスはチームに迷惑をかけるので反省しました。(決勝までは)試合のことも考えましたけど、ずっとは考えないように……リラックスすることを大事にして、ピッチに立ちました」

 身長177センチ、体重79キロ。世界に挑むにはまだまだ細身の山沢だが、走り出したときのスピード、防御の隙間をすり抜けるときのボディバランス、スペースをえぐるパスやキックにも定評がある。

「本当にいい選手です。ほかの選手とは違う、際立つものがある。ボールを持ったら、何かを起こしてくれる」

 その若き才能に惚れ込んだのは、トップリーグのトヨタ自動車のジェイク・ホワイト新監督だ。

 ホワイトは、2007年に母国の南アフリカ代表の監督としてワールドカップ(W杯)フランス大会で優勝を成し遂げるなど、世界的な名将として名を馳せる。トヨタの監督に就任してからは新人の姫野和樹を主将に指名するなど、大胆な手法でチーム改革に着手していた。

 そんなホワイトがトップリーグで指揮を執る合間、明治大ラグビー部の八幡山グラウンドを訪問。そこで練習中の山沢の動きを見るや、一緒に来ていた採用担当者にこう迫ったという。

「今すぐ、(山沢を)獲得できないのか? チームにいたらすぐに起用する」

 山沢の兄・拓也は昨年、筑波大の4年生ながらパナソニックの一員としてトップリーグの公式戦に出場。大学生トップリーガーとして話題を集めた。同じシーズン中に大学の公式戦にも出られる”二重登録”は認められなかったが、異例の試みとして注目を集めた。

 ホワイトは兄の経緯を知った上で、弟の京平を自らの手で日本代表選手に育てたいと言わんばかりだった。

「日本のルールのことはよくわかりませんが、彼の兄は在学中にパナソニックに入っていたと思います。こういうことができるのか、また大学の監督がどう思うかはわかりませんが、これからはワールドカップもあります。今すぐには無理だとしても、可能性があれば来てほしい……」(ホワイト監督)

 私立大学の体育会系に所属している選手の多くは、スポーツ推薦など特待生として入学している。そのため、大学生トップリーガーになるのは簡単な話ではない。

 今年2月まで明治大で指揮を執ってきた丹羽政彦監督は「そのときになってみないとわからない」と前置きした上で、次のように語る。

「世界的な名将に評価してもらっていることはありがたいことです。もちろん、(山沢の)成長を妨げるようなことはしません」

 一方で丹羽監督は、20代前半の選手が組織のリーダーを経験できる大学チームの魅力も認識している。また、海外の大学と提携することで、チーム全体が国際経験を積めるという考えもある。

「大学で世界に通用する選手を育てられたら……」

 今回の件を聞いた山沢は、言葉を選びながらもこう話す。

「もし、それ(ホワイトの言葉)が本当だとしたら、自分の成長につながると思います。高いレベルでやりたい」

 母校である深谷高(埼玉)ラグビー部の横田典之監督は、居残り練習を欠かさなかった兄・拓也の姿に目を細めていたが、努力を人に見せたがらない京平にも大いなる可能性を感じていた。

「アイツのお母さんに聞いたんですけど、家でずっとラグビーのビデオを見ているらしいんですよ」

 5月30日から始まるラグビーW杯U20チャンピオンシップではニュージーランド、オーストラリア、ウェールズといった強豪と戦う。日本の主力として期待を集める山沢は、ずっと痛んでいた足を手術し、春以降の復帰を目指している。

「対戦する相手はどこも強い。ジャパンがやろうとしているラグビーを貫いて、いい結果を出したいです」

 その視線の先には国際舞台での活躍はもちろん、帝京大を倒しての”大学日本一”がある。