小池 智也 外野手

-ファンの方々へ自己紹介をお願いします
青森県の八戸学院光星高校から来ました小池智也です。

-小池選手のアピールポイントを教えてください
やはりバッティングですかね。

-大学の練習に参加してみて
自分が思ってたよりもやりやすいので、それが良かったと思います。

-先輩達とは
最初はビビっていたというのもあるんですけど、先輩方が声をかけてくれるのでやりやすかったです。

-特にお世話になってる先輩は
同じ部屋の4年生の吉岡(郁哉、営:新4)さんがとても優しいです。

-法大に入学した経緯は
大学野球でやるなら六大学野球を目指していたので、正直受かると思ってなかったんですけど、自分の実力が認められて受かったので頑張っていきたいです。

-野球部を引退してから入寮までは
高校までは金属バットで、大学になると木のバットに変わるので、木のバットで練習していました。

-金属バットに比べて木製バットは
詰まっても金属バットは飛ぶんですけど、詰まったら木のバットじゃ飛ばないので。音とかも全然違いますし。打ち方も全然違います。

-新入生間の雰囲気は
すごく良くて、長いこといるような感じで仲はいいと思います。

-特に面白い選手は
特に中原ってやつがいるんですけど、中学校の野球チームで一緒で、たまたま大学も一緒になったこともあって、あいつが面白いかなと。

-地元の大阪から青森にある八戸学院光星に進学したのは
自分は大阪の人間で大阪桐蔭を目標にしてたんですけど、実力が適わなくて。先輩に光星学園に行った人がいて、そこでやりたいと思いました。

-出身校である八戸学院光星について
すごく人数が多いんですけど、全国各地方から来てるんで、友達とかそういう部分ではできたので良かったです。

-高校時代一番の思い出は
やはり甲子園に出たことですかね。

-甲子園の雰囲気は
甲子園は自分でもびっくりというか凄かったです。歓声が360度から来るんで。その中でプレーできたのはいい経験になりました。

-高校時代一番辛かった練習は
冬ですね。青森なんで外で練習できないので、そのぶんウェイトトレーニングが苦痛でした。

-高校での寮生活の思い出は
色々あるんですけど、自分たちは関西や関東から来てる子が多くて、二人部屋の部屋に10人ぐらいで集まってカップラーメンを食べる、そういうこともありましたね。楽しかったです。

-東京に上京してみて
とりあえず東京駅の電車の多さにびっくりしました。大阪も多いんですけど、東京には適わないと思いました。全然わからなくて…線がいっぱいあるので。

-大学進学するにあたって高校の監督からアドバイスは
監督さんには「1.2年生の最初のスタートダッシュが大事だぞ」と言われているので、そこをしっかり気にしてやってきたいと思います。

-大阪桐蔭高校で藤浪(晋太郎、阪神タイガース)選手等とともに選抜で優勝の経験もある兄、小池裕也さんから大学野球についてアドバイスはありましたか
法政大学を一番に薦めてくれたのが兄ちゃんなので、高校では兄ちゃんの上に行くことはできなかったんですけど、ずっと尊敬してる人なので、大学でいつかは超えたいと思ってます。

-野球をはじめたきっかけは
やはり兄ちゃんの影響ですね。

-目標としてる野球選手は
兄ちゃんもそうなんですけど、中学時代の野球チームで一緒にやってた西田(直斗、阪神タイガース)選手が目標ですね。1軍ではあんまり出場は無いんですけど、色々と頑張ってる姿を見ると、あのようなプロ野球選手になりたいなと。

-同年代の中で意識している選手は
自分達の代のメンバーは凄いんで、そいつらには負けたくないです。

-今まで対戦したなかで印象に残っている投手は
自分達の代にはいないんですけど、1個上に細川(成也、DeNA)選手が当時ピッチャーをやっていて、何度か対戦したんですけど。やはりあの肩とバッテングはレベルが違うと思いましたね。

-オフの過ごし方は
青森はほんとに何も無いので、ずっと寮にいたんですけど。環境が変わって東京ということで、色々なところがあるので試してみたいなと。

-ご自身のマイブームは
音楽を聞くことです。

-特に好きなアーティストは
清水翔太です。自分が大阪の八尾出身で清水翔太も八尾出身なのでそういうとこもあって好きです。

-大学野球での目標は
まずは1日でも早く環境に慣れることと、春にはメンバーに入れるように、まずはそこを目指して頑張りたいです。

-最後にファンの皆さまに一言お願いします
歴史ある法政大学に入学させて頂いたので、恥のない、応援されるような選手になっていきたいと思います。

(取材:滝澤智也)

小池 智也(こいけ・ともや)
1999年5月24日生まれ 179cm74kg
青森県・八戸学院光星高等学校出身(甲子園:'16春、'16夏)
右投・右打
『八戸学院光星では2年時からレギュラーで春夏連続甲子園出場。3年時には4番を任され勝負強い打撃と高い野球センスでチームを引っ張った。尊敬する兄を超えるため。最強の弟が神宮で輝きを放つ』