山下 輝投手

-初めての寮生活になります
正直不安しかないですけど、寮生活や、何もかもが初めての経験になるので、楽しみでもあります。

-高校2年生まで一塁手でプレーされてから投手に転向された理由は
自分が最高学年になったときに、投手が少なかったからです。中学生まで投手経験があり、体も鍛えられていた自分に木更津総合の五島監督から「やってみるか」と言われて、投手になりました。

-野球を始めた時期は
兄の影響で保育園のころから始めて、小学生3年生のころ、少年野球チームに入りました。

-プロ野球球団でファンの球団は
出身地は千葉ですが、日本ハムが好きですね。

-入寮してから、特に仲良い選手はいますか
中学生のときに、県選抜で戦ったことがあったので、古屋敷(匠眞)は中学生のころから知っていました。僕は千葉県選抜、古屋敷は青森県選抜で戦ったときに、たまたま相手投手が古屋敷でした。

-その試合はどっちが勝ったか覚えていますか
延長戦にもつれこんで、サヨナラ押し出し死球で僕が勝ちました(笑)。

-新1年生全体の雰囲気は
明るい選手ばかりで楽しくやれてます。

-山下選手は甲子園に3度出場しましたが、振り返って
2回は一塁手で出場して、憧れの早川さん(隆久、早大)を間近で見ることが出来ていい経験になりました。自分が最上級生のときは、良い内容ではなかったが、甲子園で投げられたことは今後生きてくる経験だったかなと思います。

-特に、3年生の甲子園1回戦の対日本航空石川戦はあと1死とれずに逆転負けしました
本当にしんどかったです。あの場面で抑えられなかったのが現状なので、大学4年間でしっかり鍛えて、4年後はしっかりああいう場面でもしっかり抑えられる投手になりたいと思います。

-WBSCU-18ベースボールワールドカップメンバーに選出され、2試合に登板しました
初めての外国人選手との対戦でしたが、内容としては通用しなかったなぁと思いました。

-防御率2.35と数字的には良いと思います
直球にどれだけ力入れて投げても、簡単にバットに当てられたり、外野を越えるような打球を飛ばされたり、変化球も日本の高校生では振ってくれたボールを見極められたりしたところです。まだまだだなと思いました。

-外国人と日本人の打者の違いは
体格や打席での雰囲気が全然違いました。

-カナダでの生活は
はじめての海外だったので、時差もありましたし、食事も慣れない点もあって、やりづらかったですね。

-日本代表チームで凄いと思った選手は
田浦文丸投手(秀岳館→ソフトバンク)ですね。直球とチェンジアップを初めとした変化球もストライクゾーンに決まって、外国人選手も空振りしてたからですかね。

-侍ジャパンのユニフォームを着れたことについて
本当に嬉しかったですし、まさか選ばれるとは思ってませんでした。早川さんと同じ背番号もらって、出れたことが嬉しかったです。

-早川選手の存在は
1学年上で近くにいるようですけど、技術とかあらゆる面で、上の存在の方です。この4年間通して、早川さんに追いつけるように頑張っていきたいです。

-早川選手が六大学ではライバルですね
ライバルと言っていいのか、分からないですけど、自分の目標の先輩なので、敵として今度は投げ合いたいです。

-法大を選んだ理由は
1学年上に鈴木昭汰(キャ:新2年)選手や、3年生の森田(駿哉、営:新4年)さんなど素晴らしい左投手がたくさんいると思ったので、法大で学んで、勉強したいなと思いました。

-プロに行く進路を意識しなかったですか
最初はプロに行きたいなと思って、高校野球をやってきました。しかし、甲子園や、ジャパンの終わり方など、全然通用しなかったことが多かったです。なので、これでプロに行ってどうなるかを考えたとき、大学に行ってからでも遅くないかなとありました。それに、硬式野球を始めて3年だったので、4年間硬式野球で経験積んでからでも遅くないかなと思って、法大進学を決めました。

-山下投手の投球フォームはテークバックが小さいのが特徴のように見えます。その投球フォームにたどり着いた経緯は
一塁手を経験してて、一塁手の送球は素早く投げるために、(テークバックが)小さくなるので、それが身に染みて今の投球フォームになったと思います。

-高校と大学の練習しての違いは
投手のランニングのメニューなどしんどい練習でも、法政大学は皆声をかけて、明るくやっていて、とても良い雰囲気で練習がやりやすいです。

-高校時の練習メニューは
グラウンドの近くに砂浜があるんですけど、そこを一人で何本も時間がくるまで走ってました。

-理想の投手は
投手は大谷選手(翔平、エンゼルス)です。自分も速いボールを投げたいと思っているからですね。

-法大の中で目標にしている投手は
やっぱり森田(駿哉、営:新4年)さんです。高校生のときから、有名だったので、知ってました。

-自分の持ち味は
直球の角度ですね。

-自分の課題は
直球のスピードと、変化球ももう1つ、2つくらい球種を増やしたいです。やることはいっぱいあります。

-具体的な克服方法は
自分で分からないことは上級生に良い左腕投手が多くいらっしゃるので、何でも聞いて試してみたいなと思います。

-ここまで、山下投手のご両親、特にお父さまが山下投手への練習を熱心に教えていたようですね
(お父さんは)野球経験は一度もなくて、自分が「野球をやりたい」と言ったときから夜遅くまで自分のために投球フォームを見てくれたり、本を読んで、インターネットで調べて、動画を見てというのをずっと繰り返しして教えてくれました。野球の技術に関しては、お父さんの支えがあったからだと思ってます。

-ここまで支えてくれた方はお父さまなんですね
そうですね。身体の大きさもそうですし、お母さんもここまで育ててくれて、お父さんもここまで指導してくれました。

-身体を大きくできた方法は
家に帰れば、お母さんが毎日手料理を出してくれて、量を多く作ってくれて、長い時間かけて食べたおかげです。

-ご飯何杯食べたとかはありますか
1日5合食べてました。

-山下投手はどのような性格ですか
僕は結構物静かですね。

-試合前のルーティンは
音楽をバスのなかで聴くことです。同い年の鈴木瑛美子さんの『100%SONG』を聞いています。

-今年の目標は
まず、(リーグ戦)初登板初勝利を目標に頑張りたいです。

-大学四年間の目標は
プロで通用する投手になることが一番の目標です。

-最後にファンに一言お願いします
1年生から出場できる機会があれば、自分の出せる力を出しきって、チームの勝ちに貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします。

(取材:藤原陸人)

山下輝(やました・ひかる)
1999年9月12日生まれ187㎝・92㎏
千葉県・木更津総合高出身(甲子園:'16春,'16夏,'17夏)
左投・左打
『1年からレギュラーを獲得。2年時には春夏と連続で甲子園に一塁手として出場。3年の夏にはエースとして甲子園に出場した。その後第28回WBSCU-18ベースボールワールドカップメンバーに選出された。初登板初勝利と高校の先輩・早川との投げ合いが見られることを期待したい』