新入生紹介第2回を飾るのは、2017年侍ジャパンU-18代表に選ばれた三浦銀二、山下輝をはじめとする、3人の投手陣である。まだ大学練習に参加して間もないルーキーたちに話を伺った。

三浦銀二投手

ー法政大学への入学理由は
監督さんが良い人と聞いていましたし、何より環境がいいというのと六大学というのもあって選びました。

ープロという選択肢もあったと思います
プロは野球だけをやると思うんですよね。僕は、プロじゃ経験できないようなことを大学野球で学べればと思いました。

ー法大以外から声が掛かったりとかはあったのですか
他の大学からもあったんですけど、法政大学が一番熱心にお誘いをいただきました。

ー同じ高校で女房役の古賀(悠斗)選手と一緒にプレーしようとは考えていなかったのですか
元々2人で途中までは一緒に行こうと話していたんですけど。古賀とは別々の大学になりました。

ー法大1本くらいの気持ちで大学は決めたという感じですか
大学進学なら法大という感じで考えていました。

ーここまで法大に惚れ込んだ理由は
大濠(福岡大大濠)の監督が薦めてくれたというのがありましたし、先ほども言った環境という点でここしかないと思って選びました。

ーここ何年間か優勝から遠ざかっていますが
そうですね、監督には「お前が強くしろ」みたいな事を言われました。

ー青木監督には、何か声を掛けられたりとかは
「早く環境に慣れて頑張れよ」みたいのは、言われました。

ー三浦投手といえば『先発完投型』のイメージが強いですが、そこの持ち味は、大学野球でも出していきたいですか
特に先発完投というのにこだわっているわけではないので、与えられた仕事を全うできるような投手になれればと思っています。

ーやはり三浦投手の生命線は制球力になってきますか
先発するにも、中継ぎで投げるにもコントロールは投手にとって大事なことではあるので、まずコントロールは第一に考えていきたいと思います。

ー投げている時に意識していることはありますか
打者を見るようにはしています。打者が何を考えているだとか、打者の目線であったり、グリップの握りは見るようにしています。

ー春の選抜での投球では内角の直球を、自信を持って投げ込んでいるように思えました
右打者の内角は的があるので。例えば、打者の肘を狙えば当たらないし振ってくれるというのが自分の中でありますね。なので、右打者の方は投げやすくて自信を持ってますね。

ー高校時代に印象に残っている試合はありますか
秋の九州大会の決勝ですね。神宮大会の懸かった東海大福岡戦で3点取って3点取られたんですけど、そこで勝ち越されなかったんですよ。同点にされて勝ち越されなかった時に、成長したなと感じました。

ーそれが春の選抜での活躍につながったということですか
そうですね、だいぶ自信にはなりました。

ー高校野球ファンの皆さんは、春の選抜2回戦、対滋賀学園戦での延長再試合が印象深いと思いますが、あの時の心境はいかがだったんですか
何かゾーンに入ると言いますか。何も緊張とかはなかったですし、特に何を投げたとかも覚えていません。だからといって負ける気もしなかったですね。

ー無意識に投げられていたということですか
惰性で投げていたというか力を込めなくても投げられていて、打たれても負ける気はしなかったですね。

ー高校日本代表としても、カナダとの3位決定戦で7回無失点の好投がありました。国際大会での経験は今に生きていますか
本当に海外の打者を抑えたということは自信になりますし、これからの糧にできるのかなと思っています。

ー日本代表では、現在プロの球団に入ったメンバーも一緒に戦っていたと思いますが同じチームでプレーしてみて
コントロールでは、負けたくないなと思っていました。

ー代表でもコントロールでは他の選手よりも勝っていたと感じていますか
150㎞投げるやつもいますし、すごい変化球持っているやつもいるので、そういう選手に勝つにはコントロールしかないと思っていました。

ーリリースの瞬間に意識していることはありますか
いや、特にないですね。とにかく腕を振って投げることだけですかね。

ーまだ入寮して一週間くらいですが、可愛がってくれている先輩はいますか
投手の朝山(広憲、法:新3年)さんだったり、同じ部屋の内沢(航大、キャ:新3年)さんですかね。

ー実際、練習に参加してみて入る前と入ってからの法大野球部の印象の違いとかありますか
練習自体も良い雰囲気でやっていますし、いい大学で、いい野球部だなと感じました。

ー参考にしている先輩はいますか
1つ上の鈴木昭汰(キャ:新2年)さんは、ずっと話していて仲良くさせてもらっているんですけど、すごく考えながら野球をやっているなと思いますね。

ー自分の中で、ここまでの選手になれた指導者などはいますか
中学校の時の加藤先生っていう顧問がいたんですけど、中学校時は特に目標もなく野球したいから野球をしていた感じだったんですね。だけど、加藤先生と話していてプロを目指してみようというのが現実味を帯びてきて大きな目標ができたんですよね。

ーそこで大濠に入学する流れになったんですね
そうですね。大濠に入れたのも加藤先生の影響があったので。

ーちなみに東京に住むのは初めてですか
そうですね。

ーどこか出かけたりしましたか
渋谷に行ったんですけど、疲れますね(笑)。二度と行きません(笑)。

ー東京自体も初めてですか
神宮大会の時にも来たんですけど、電車とか乗るのは初めてだったので疲れました。

ー大学野球での最終的な目標について
最終的には優勝してプロに入って世界に飛び込んで行きたいなと思います。

ーライバルとなる選手はいますか
同じ右投手で、同級生の古屋敷(匠眞)というのは意識しますね。

ー最後に春のリーグ戦に向けての目標をお願いします
まずベンチ入りすることと、投げることがあるならチームの勝利にために少しでも貢献できることかなと思っています。

(取材:具志保志人)

三浦銀二(みうら・ぎんじ)
1999年12月30日175㎝・75㎏
福岡県福岡市出身・福岡大大濠高校(甲子園:'17春)
右投・右打
『先発した試合は、ほぼ一人で投げ抜き0に抑えてきた現代野球に珍しい先発完投型の本格派投手。春の選抜での対滋賀学園戦、延長15回を一人で投げ抜き、中1日での再試合でも完投勝利を果たした無尽のスタミナは、ファンの脳裏に今でも刻まれている。福岡が生んだドクターゼロが法大のドクターゼロへと新たな進化を遂げる』