気温は5~6度前後で、風も弱い好条件のなかで行なわれた1月28日の大阪国際女子マラソン。ペースメーカーが5kmを17分の安定したペースで引っ張って、中間点を予定通りの1時間11分59秒で通過した。



表彰式でも、天真爛漫さが際立った松田瑞生

 25km過ぎから果敢に飛び出した17年北海道マラソン優勝の前田穂南(天満屋・21歳)を29km手前から追い込み始めたのは、初マラソンの松田瑞生(みずき/ダイハツ・22歳)だった。松田は30.8kmで前田をかわすと、そのまま先頭に出て独走態勢を作り上げ、30~35kmのラップタイムを16分19秒にまで上げた。

 だが、その走りは常識的に考えると終盤に失速しかねない危ういものに見えた。

「間違いなく、あの反動で落ちるとは思いましたね。でも、17分半くらいで抑えてくれるとは思っていました。それが何とか持ちこたえたのは、彼女の地元が競技場のある長居だったこともあると思います。ああいう性格なので、自分がハイテンションになってしまえば乗っかってしまうので。それが走りにかなり影響していると思います」とダイハツの林清司監督は言う。

 一方で松田自身は、あっけらかんとしてこう振り返る。

「監督からは30kmまでペースメーカーについていけと言われていたので、前田さんが出た時は『こんなに早く出て大丈夫かな』と思っていました。後半が強いのは私の方なので冷静に追えていたし、ラップタイムを見て『速かったな』と思っただけ。感覚的には速く行きすぎたということもなかったし、沿道の応援も大きかったので超楽しかったです」
 
 35kmからの5kmは16分53秒まで落ちて、終盤はストライドも狭くなったものの、体の動きはまったく変わらなかった。25kmからの16分45秒も含めて40kmまでを16分台でカバーし、後半を1時間10分45秒と上げて2時間22分44秒で走りきった力は本物だ。

 日本陸連の山下佐知子女子マラソンオリンピック強化コーチも「最後まで走りが変わらない安定感もあり、危なげない走り。この先もいけると思う」と評価する。

 昨季は日本選手権の1万mで鈴木亜由子(日本郵政グループ)を破って優勝し、ロンドン世界選手権にも出場。結果は19位だったが、それでも優勝したアルマズ・アヤナ(エチオピア)の3600mからの仕掛けにも対応する積極的な走りを見せていた。

 実はマラソンへの挑戦は、その1万mに臨むよりも前に決めていたことだったという。

「本当は本人が去年の大阪でマラソンを走りたいと言ってきたのですが、その時は1万mで世界選手権を狙おうと断念させたんです。でも世界選手権の結果がどうであろうと、僕も本人もその時から次はマラソンだと考えていました」と林監督。

「入ってきた当初はマラソン向きだとは思えず、靴を作ってもらっている三村仁司さんに『こいつはマラソンだからな、絶対に走るわ』と言われても本当にそうなのかなと思っていたんです。でも、マラソン練習をやらせたら『本当だ。素質がある』と思いましたね。マラソンというのは35kmからどう動けるか。5000mや1万mが強くても35kmから動けない選手が多いんです。

 でも彼女はそこから動かせる練習ができた。僕のマラソン練習ではどんな距離でもラストを上げることを意識させるので、40km走の時でも37.5kmからペースアップと言うと、一番よかった時で1km3分10秒ペースにまで上げられました」

 マラソン向きと見抜いていた三村さん曰く「足のバランスが取れていて、ケガをしにくいから練習を積むことができる。また、弱点を指摘すると素直に取り組む姿勢や、うまくやる気さえ起こさせれば、とことんやる性格」に素質を感じたという。

 ダイハツからはこれまで、2013年世界選手権4位で14年ロンドン五輪代表になった木崎良子や、15年の名古屋を大会新の2時間22分48秒で走って世界選手権代表になった前田彩里、2時間24分28秒で走った中里麗美などのマラソンランナーが輩出している。その経験則からみても、松田は高い可能性を持っていると林監督は期待する。

「トラックの記録だけをみれば木崎の方が上ですが、彼女は記録会で出した記録で松田は日本選手権で出した記録。そこで優勝もしているし、他の大会でも結果を残しているので、トラックのスピードという面ではかなり高いところまで作り上げてマラソンに移行できている。だから17分00~10秒のペースだと、かなり余裕を持ちながらレースができるんじゃないかと思います。

 今回のマラソン練習自体も最後の仕上がりは、前田のいい時まではいかなかったけれど、木崎や中里よりは余裕を持ってできていたので、悪くても2時間23~24分の練習はできているとみていました」

 松田自身、35kmからの5kmが16分53秒まで落ちてしまったことを、もう少し上のレベルで維持したかったと振り返ったが、林監督は「彼女の場合は乳酸が溜まって脚が動かなくなった状態でも、もう一回切り換えてペースを上げることができる。競り合う相手がいれば、ラスト5kmももう少し上げることができるはず」と言う。

 さらに「今回は自分のペースで上げていったうえでの16分19秒でしたが、相手がポンとスパートした時に対応して上げていけるかというのが課題になると思います」と今後の改善点も指摘する。

 今回は25kmまでの平均ペースでうまくハマッた面はあるが、世界選手権の1万mでペース変化への対応能力もあることを証明している。それを揺さぶりが激しいマラソンでできるかどうかは、これからレース経験を積んでいくしかない。

 これまでの選手のようにストイックに取り組むのではなく、ノリと勢いでいく性格だけに林監督も「そこがこっちは大変なんですよ」苦笑する。だが、ノッたら強いというのは勝負をするうえでも重要なこと。これまでとは違ったタイプのランナーの出現は、日本女子マラソンにとっても心強い。

 2位になった前田も、天満屋の武富豊監督が「勝敗よりも25kmくらいから飛び出すようなレースができるかを課題にしていましたが、それをしっかりやってくれた」というように、失速を恐れずに飛び出したことで、これまでの自己記録を5分更新する2時間23分48秒で走り切り、マラソンへの対応力の高さを証明した。

 さらに体調を合わせられなかった昨年の世界選手権代表の安藤友香(スズキ浜松AC)も2時間27分37秒で3位になり、19年のマラソングランドチャンピオンシップ出場権を確保した。

 3月の名古屋ウイメンズマラソンには、松田のチームメイトの前田彩里のほか、リオデジャネイロ五輪1万m代表の関根花観(日本郵政グループ・22歳)や、リオ五輪5000m、17年世界選手権1万m代表の上原美幸(第一生命・22歳)も出場する予定だ。松田の快走は、次に続く選手たちにも大きな刺激になったに違いない。

◆遅咲きの美女スプリンター市川華菜に「速くなった秘密」を聞いてみた