名前は『レンジー』(Ren-G)!

 2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの大会公式マスコットが1月26日、発表された。

 2人は親子。名前は、白い髪の方が親のレン(左/Ren)、赤い髪が子でジー(G)。

 モデルとなっている獅子は、アジアで広く受け入れられている架空の聖獣だ。

「マスコットを作ることは、私たちが強く望んできたことでした」とはラグビーワールドカップ2019組織委員会事務総長の嶋津昭氏。
「ワールドラグビーからも、『日本らしい、クールなキャラクターを』と要請がありました。レンジ―は、ラグビーの5つのコアバリューを体現しています」(同氏)。

 マスコットは、コンセプトづくりから2年をかけて完成。10人のクリエイター、50の候補から選定された。

 今後、日本各地のさまざまなイベントやメディアで、日本で行われる大会を象徴し、盛り上げる存在として活躍する。

 マスコットの詳細は https://www.rugbyworldcup.com/news/306389