ジャパンラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズは1月24日、2016年から指揮を執ってきたジム・マッケイ ヘッドコーチの退任を発表した。かつてオーストラリア代表のアシスタントコーチを務め、2011年にはレッズのアタックを強化してスーパーラグビー制覇に貢献するなど経験豊かなマッケイ コーチだが、神戸製鋼を優勝に導くことはできず、今季トップリーグでは6季ぶりにベスト4入りを逃して5位に終わっていた。
 2年間支えてきたマルコ・カプート アシスタントコーチも退任する。

 退部する8選手も発表され、日本代表として36キャップを持ち、2015年のワールドカップにも出場したLO伊藤鐘史(37歳)が現役を引退する。伊藤はリコーブラックラムズを経て2009年から神戸製鋼に在籍。2012年から2シーズン副将も務め、ラインアウトの核としてだけでなく、豊富な運動量でもチームをけん引し、2014-2015シーズンのトップリーグでベストフィフティーンに選ばれた。

 伊藤とともにコベルコスティーラーズのセカンドローで奮闘してきたアンドリース・ベッカー(34歳)も引退を決意した。南アフリカ代表として29キャップを重ね、身長208センチ、体重120キロ前後の体を武器に世界トップクラスの大型ロックと呼ばれたベッカーは、2013年に神戸製鋼に加入。2014-15、2015-16シーズンのベストフィフティーンに選ばれるなど、日本ラグビー界でも存分に力を発揮した。ジャージーを脱いだベッカーだが、来季も神戸製鋼に残り、コーチングスタッフに就任する予定。

 そして、元日本代表のSH佐藤貴志(36歳)も引退する。ヤマハ発動機ジュビロより移籍して2010年から神戸製鋼の一員となった佐藤は、トップリーグで通算140試合出場を達成し、キャプテン会議のメンバーとしても活動した。
 そのほか、8年在籍したLO大窪光(30歳)、7年在籍したPR中川昌彦(29歳)、5年在籍したLO前田大輔(27歳)も勇退し、社業に専念する予定。
 2016年から加入していたHO宣原甲太(26歳)、ユーティリティBKのコディ・レイ(28歳)もコベルコスティーラーズを去る。