熱中症の季節

水分は取りすぎても体には害はないです。
水分は不足すると、体にはとても危険です。
ランナーは日々の生活の中でも
お水は飲み続けてください。


熱中症とは・・・
高温の環境の中で体の水分やナトリウムのバランスが崩れることによって引き起こす障害をさします。

最近、急に暑くなってきました。
この時期に熱中症はとても多く起こります。

体はまだ、生活の中でも水分を取ること慣れていません。
そんな中で暑い日にはどうしても水分不足になりがちです。

意識して生活の中で水分を取ってください。
できれば1日2リットルを目標に。
走る前の十分にお水を飲んでください。

そして、万が一調子がおかしくなったら救急車を!
(本人は倒れているので、周りの人が電話を)

熱中症は四つあります

①熱失神
*原因
炎天下に長時間いた場合に、発汗により体全体の血液の量が減少したときに起きる

*症状
突然、意識がなくなる。体温は正常。
顔面蒼白で脈は速く弱い。

*救急処置
涼しい場所に運び、衣服を緩めて寝かせて水分の補給で通常は回復します。


②熱疲労
*原因
多量に汗をかき水分が補給できない時に脱水症状になり発生する。

*症状 症状はさまざま体温が上がる場合が多い。
めまい、頭痛、脱力感

*救急処置
熱失神と同じで涼しい場所に運び、衣服を緩めて寝かせて水分の補給で通常は回復します。


③熱けいれん
*原因
大量に汗をかいて水分だけの補給だけで、塩分やミネラルが不足した場合に起こる。

*症状
急に痛みを伴った痙攣と硬直が起きる。体温は正常の場合が多い。

*救急処置
生理食塩水を補給すれば通常は回復します。


④熱射病
*原因
体温の上昇で中枢機能まで侵され、体温調整機能が失われることにより起こる。

*症状
高度の意識障害が起こり、体温が40度以上になる。
死亡率が高い。

*救急処置
救急車を呼ぶ。その間も体を冷やす。
意識障害が軽い場合もあります。言動がおかしい場合や応答が鈍い場合はまず、救急車を。

http://www.momona-run.com/