ジャパンラグビートップリーグで2季ぶりの王座奪還とはならなかったパナソニック ワイルドナイツだが、2017-2018シーズンはリーグ戦で13試合全勝するなど強烈な存在感を示し、年間表彰式では最多の9人がベストフィフティーンに選出された。
 PRヴァル アサエリ愛、LOサム・ワイクス、FLデービッド・ポーコック、WTB福岡堅樹、CTB松田力也が初受賞。HO堀江翔太とSOベリック・バーンズは2季ぶりに選出され、最多トライゲッターになったWTB山田章仁は3季ぶりの受賞となった。そして、PR稲垣啓太は5季連続5回目のベストフィフティーンに選ばれ、「今年はここが伸びたと感じる部分、いま足りない部分を振り返って次に向かう。そのサイクルはうまく回っていると思います」と語った。

 2季連続5回目の優勝を果たしたサントリーサンゴリアスからは、初のトップリーグMVPに選ばれたFB松島幸太朗のほか、キャプテンのSH流大、LOジョー・ウィーラー、CTBマット・ギタウの4人が選出された。
 そして、日本代表のキャプテンでもあるリーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス)がNO8で2季ぶりのベストフィフティーンに選ばれ、新人賞を受賞したFL姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)は帝京大の仲間だった松田とともに1年目で初選出となった。

<ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018 ベストフィフティーン>
■PR1 稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ/5季連続5回目)
■HO 堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ/2季ぶり7回目)
■PR3 ヴァル アサエリ愛(パナソニック ワイルドナイツ/初受賞)
■LO サム・ワイクス(パナソニック ワイルドナイツ/初受賞)
■LO ジョー・ウィーラー(サントリーサンゴリアス/2季連続2回目)
■FL デービッド・ポーコック(パナソニック ワイルドナイツ/初受賞)
■FL 姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ/初受賞)
■NO8 リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス/2季ぶり5回目)
■SH 流大(サントリーサンゴリアス/2季連続2回目)
■SO ベリック・バーンズ(パナソニック ワイルドナイツ/2季ぶり4回目)
■WTB 福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/初受賞)
■WTB 山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ/3季ぶり5回目)
■CTB マット・ギタウ(サントリーサンゴリアス/初受賞)
■CTB 松田力也(パナソニック ワイルドナイツ/初受賞)
■FB 松島幸太朗(サントリーサンゴリアス/2季連続3回目)

※ 選考対象は第11節終了時点でリーグ戦7試合以上に出場した選手とする(途中退場も含む)。
※ 出場停止処分を受けた選手は対象外とする。

<チーム表彰>
【優勝】
サントリーサンゴリアス (2季連続5回目)

【準優勝】
パナソニック ワイルドナイツ

【第3位】
ヤマハ発動機ジュビロ

【フェアプレーチーム賞】
パナソニック ワイルドナイツ(3季ぶり7回目)
※ イエローカード1枚を3ポイント、レッドカード1枚を10ポイント、厳重注意1回を3ポイントとして反則数に加算する。出場停止処分を受けたチームは、受賞の対象外とする。

<功労賞>
【リーグ戦通算100試合担当レフリー】
麻生彰久

<特別賞>
【リーグ戦通算150試合出場今季達成選手】(達成順)
菊谷崇(キヤノンイーグルス)
北川俊澄(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)

【リーグ戦通算100試合出場今季達成選手】(達成順)
上野隆太(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
臼井陽亮(NECグリーンロケッツ)
川俣直樹(豊田自動織機シャトルズ)
五郎丸歩(ヤマハ発動機ジュビロ)
真壁伸弥(サントリーサンゴリアス)
堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)
谷口到(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)