新年の幕開けに行われた箱根駅伝。東洋大学は主将の小笹椋選手(3年)を筆頭に、下級生中心のチーム編成で大舞台に臨み、往路優勝を果たした。しかし、復路では36秒差でスタートした青山学院大学に6区で首位を奪われ、そのまま順位が逆転することはなかった。

「青山学院は復路の選手層が厚い。特に、負けた5.6.7.8区。その区間の層を厚くすることで総合優勝が見えてくる。往路の走りを復路の平地でできるようにすることが来年の課題」と、東洋大の酒井俊幸監督は話す。

15日、東洋大学では箱根駅伝報告会が行われ、指導スタッフをはじめ、エントリーメンバーが出席した。エントリーメンバーはほぼ全員が3年生以下。自然と来年への決意が飛び交った。「来年こそは総合優勝を」。その中でも、「青学の優勝を目の前で見た」ことが選手たちの闘争心を掻き立てているようだ。

2015年の初優勝から、今年で4連覇となった青山学院大学。その強さについて酒井監督は、「初優勝した勢いで勝ってきた時とは違い、今は磨きをかけ、メンバーが変わっても“青学らしい走り”で優勝を狙わなければいけないチームに変わってきている。そういう重圧を跳ね除けての優勝であり、やはり強いチームだということを感じる」と分析する。

来年に向けて意気込む、東洋大の酒井俊幸監督
青山学院は今シーズンの出雲駅伝、全日本大学駅伝で優勝を逃している。あらゆるプレッシャーの中で箱根を迎えたはずだ。優勝を重ねるごとに増すプレッシャーに耐えうるメンタリティの強さが青山学院にはある。「今年、下級生中心で戦った東洋は、来年は勝たなければいけない」と話す酒井監督からは、覚悟と闘志が垣間見えた。

新体制で副キャプテンに就任した山本修二選手(3年)は、「青学の優勝を目の前で3回も見ている。来年は最後の年になるので、想いは他の選手より強い。総合優勝のために何をするべきか、チームと個人で考えていき、王座奪還を宣言できるようなチームをつくっていきたい」と意気込んだ。

王座奪還。鉄紺の逆襲。東洋大学は、来年の箱根を見据えて動き出している。

陸上競技部長距離部門 酒井俊幸監督撮影:山本有莉

陸上競技部長距離部門 酒井俊幸監督撮影:山本有莉

1区・西山和弥選手(1年)撮影:山本有莉

1区・西山和弥選手(1年)撮影:山本有莉

3区・山本修二選手(3年)撮影:山本有莉

3区・山本修二選手(3年)撮影:山本有莉

10区・小笹椋選手(3年)撮影:山本有莉

10区・小笹椋選手(3年)撮影:山本有莉

東洋大の箱根駅伝報告会(2018年1月15日)撮影:山本有莉

東洋大の箱根駅伝報告会(2018年1月15日)撮影:山本有莉

往路優勝の賞状撮影:山本有莉

往路優勝の賞状撮影:山本有莉