K-1実行委員会は、2017年K-1 JAPAN GROUPの年間表彰式「K-1 AWARDS(アウォーズ)2017」を1月14日(日)にホテルメトロポリタンエドモントにて開催した。

「K-1 AWARDS」は、K-1 JAPAN GROUPが2017年に開催したプロイベント(K-1・Krush・KHAOS)とK-1アマチュアの全大会を対象にした年間表彰式だ。司会をK-1公式サポーターの関根勤、AbemaTVのK-1解説でお馴染みの久松郁実、プレゼンターを元K-1MAX世界王者の魔裟斗、ボクシング元世界王者の亀田興毅が務めた。

当日は、全12部門の受賞者を発表。最優秀選手賞(MVP)には、K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹が選出された。年間を通じて最も観るものを魅了した試合に贈られる「最高試合賞」は、2017年4月に代々木第二体育館で行われた「武尊(たける)vsビクトー・サラビア」戦が選ばれた。

最優秀選手賞を受賞した武居は、「この賞は会長、ジムの仲間、そしてみなさんのおかげでとれたと思っています。2018年もいい賞をもらえるように頑張ります」と話し、「今はK-1=武尊選手だと思うので、K-1=武尊・武居になるように頑張ります」と意気込みを語った。

■受賞者
・最優秀選手賞:武居由樹
・最高試合賞:武尊vsビクトー・サラビア
・殊勲賞:郷州征宜
・敢闘賞:平本蓮
・技能賞:大和哲也
・ベストKO賞:瑠輝也
・新人賞:椿原龍矢
・ベスト・オブ・エンターテイナー賞(ファンが選ぶ賞):城戸康裕
・ベストトレーナー賞:ジャオ・シージエ
・ベストGYM賞(プロ部門):K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST
・アマチュア最優秀選手賞:山浦力也
・ベストGYM賞(アマチュア部門):K-1ジム総本部

K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹、最優秀選手賞を受賞

K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹、最優秀選手賞を受賞

K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹、最優秀選手賞を受賞

K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹、最優秀選手賞を受賞