総合格闘家の才賀紀左衛門がインスタグラムを更新。大阪でのトレーニング風景を公開するとともに「今年は、進化の年にします」と2018年への抱負を語った。

現在は東京を拠点に活動する才賀だが出身は大阪。格闘家デビュー10周年に「初心に帰りたく、自分の原点でもある正道会館に練習に行きました!」と投稿した。インスタグラムではミットに鋭いキックを放つ数枚の写真が公開されている。

このほかにも大阪で縁があるジムに顔を出し、一日3部練習でひたすら打撃のトレーニングをしたと明かす才賀。現在はRIZINで総合格闘技のリングに立っているが、もともとはキックボクサーとしてK-1やKrushで活動していただけに立ち技には特別な想いがある。

「今は総合格闘技をしていますが、僕は、改めて打撃ルールが好きだなっと思いました。わかりやすいシンプルで見ていて楽しいのは、立ち技だな、と」

今回は家族の理解ももらい、少し長めの大阪滞在になったと言う才賀。この機会は「自分を見つめなおすいい時間」になったようだ。

才賀の投稿にファンからは、「また、昔みたくk1で、大暴れするキザエモン選手もみたいです」「今年も相手に圧をかける素晴らしい打撃で勝利期待してます」「頑張ってください。いい1年になるといいですね」などのコメントが寄せられている。