第97回全国高校ラグビー大会で花園初出場を果たした埼玉県代表の昌平は、1回戦を突破し、12月30日、優勝候補と見られている前年度王者の東福岡(福岡)に挑み、健闘したが7-68で敗れた。

 東福岡相手に果敢にプレッシャーをかけ続け、前半20分まで7-7の同点、前半終了時はわずか7点差だった。
 序盤、前に出るディフェンスで奮闘していた昌平だが、前半7分、パナソニック ワイルドナイツとプロ契約した注目の東福岡キャプテン、NO8福井翔大が壁をこじ開けて先制した。
 昌平は12分、フェイズを重ねてゴールに迫り、ブレイクダウンでターンオーバーされ得点にはつながらなかったが、勇敢なチャレンジャーであることを東福岡に認識させる。そして18分、敵陣深くでのキックチャージからチャンスとなり、SO鳥居健悟がトライ。7-7として、朝9時半キックオフにもかかわらず大勢の観客が集まった花園第2グラウンドを沸かせた。
 21分、東福岡のCTB吉村紘が防御網を切り裂き、14-7と勝ち越すが、昌平の健闘が光った前半となった。

 それでも、フィジカル、パワー、スピードを兼ね備える東福岡は後半に圧倒した。
 ハーフタイムを経てエンジンをかけ直すと、後半から入ったLO山下拓真が2分にゴールラインを割り、チームに勢いをつける。5分にはスクラムでターンオーバーしてワイドにボールを動かし、WTB焼山功雅が左サイドを抜けてゴールに持ち込んだ。8分にはハーフウェイからつないでFB稲吉渓太がフィニッシュ。その後、再びゴールに迫るシーンもあった昌平だが、東福岡の堅守を崩せず、逆に5トライを追加され、大差のゲームとなった。