12月23日、富士通スタジアム川崎で行われた第48回全国高校選手権クリスマスボウルは、2年連続出場の佼成学園ロータス(東京1位)が、19年ぶり5回目出場の関西大学第一高校カイザーズを36対16で破り連覇を遂げた。連覇達成は、関学高、法政二高、関大一高、大産大附属高、早大学院に次いで6校目。

佼成学園は15対7で迎えた第3Qのパントリターン時に、リターナーに入ったSF北川太陽(3年)が、カバーチームに捕まりながら、後方にいたLB比留間豊(3年)にトス。比留間はこれを75ヤードのリターンTDにつなげて2ポゼッション差に。関大一高K小川悠太(3年)の27ヤードFGを決められた後の攻撃ではQB野沢研(3年)からWR高野一馬(2年)へのパスで得点圏に迫り、TE大島則也(3年)への9ヤードTDパスを決めて29対10と3ポゼッション差をつけた。

24対16で迎えた終了35秒前に野沢から大島への15ヤードTDパスで加点したのは、出場機会がないながらも努力を続けてきたDL米澤虎ら、3年生守備選手の出場機会を作るためだった。

三隅杯(最優秀バックス賞)はパス19投11回成功202ヤード4TDを挙げた佼成学園QB野沢、安藤杯(最優秀ライン賞)は、佼成学園DL窪田弦太郎(3年)、敢闘賞は18回走103ヤードを記録した関大一高QB篠原呂偉人(2年)が受賞した。

試合の詳細は12月24日(日)22時から放送のスカイA中継、12月28日(木)配信開始の月刊ハドルマガジン1月号Vol.37を御覧ください。

https://www.fujisan.co.jp/product/1281696257/ap-huddlemag