今日は肩甲骨に関しての話題です。
肩甲骨は背中にある羽根のような骨で、上腕骨と鎖骨、そして肋骨をつないでいます。

この肩甲骨は上下左右と色んな方向に動くのですが、この動きが制限され固まってしまうことがります。
肩甲骨が固まってしまうと、肩こりや首痛などの原因になったり、姿勢が悪くなったりなどと悪影響が沢山あります。
固まってしまう要因として長時間のデスクワークが挙げられます。
一言で言ってしまえば動かし不足です。
肩甲骨の動きを正常に保つために有効な運動を一つ紹介します。

タオルを使用します。タオルの両端を持って頭の上に万歳のように手をあげます。
息を吐きながら肘を曲げながら下におろし、タオルが頭の後ろに来るようにします。
この時に肩甲骨を後ろでぎゅっと寄せるようにしてください。

そしてまた万歳の体勢に戻ります。
この動作の中でタオルが緩まないように常に外に引っ張るようにしましょう。

これを10回繰り返します。
肩周りがすっきりするのを感じることが出来ると思います。
繰り返し行うことで肩甲骨の動きが正常になってきます。

良い姿勢を作って美しく走りたい方はぜひこの運動を取り入れてみてください。

***********
6月に滋賀県のびわ湖
7月に長野県の諏訪湖で合宿を行います。
一番の目標は正しいジョギングフォームで走ることを目指す合宿です。
この正しいフォームも肩甲骨をいかに使うかで決まります。

http://www.honolulu-marathon.com/info/school-suwako-biwako.html