文:ラリーズ編集部 
写真:伊藤圭

9月に商業施設(イオンモール)で1000人超の卓球ファンが殺到し注目を集めた卓球イベント「T3」が3ヶ月ぶりに帰ってくる。

卓球選手がコンテンツになる時代が到来。T3に見る卓球ビジネスの可能性とは。

「次は金メダルが欲しい」 水谷VSマツケンの“神ラリー”に1000人超のファンが熱狂

主催者によれば、T3とは「Table Tennis Theater」の略で、「Top」「Talk」「Technique」を体感できる卓球トップアスリートによるエキシビジョンマッチをメインとしたイベントとのこと。

今回は世界卓球金メダリストの吉村真晴(名古屋ダイハツ)と、昨年の世界ジュニア優勝メンバーである松山祐季(愛知工業大学)によるエキシビジョンマッチやトークショーの他、両選手に挑戦するチャレンジマッチなどが予定されている。

会場となる愛知県常滑市のイオンスタイル常滑は中部国際空港の対岸にある商業施設。会場は吹き抜けのスペースとなっており、当日は入場無料でトップアスリートのプレーが間近に見られるとあって、盛況が予想されている。

お近くの方や卓球ファンは足を運んで見てはいかがだろうか。

主催者イベント告知ページ

http://tokoname-aeonmall.com/news/event/838

イベント概要

■イベントタイトル  Super 卓球! ”T3” in AEON MALL
■実施会場  イオンモール常滑(愛知県常滑市りんくう町2丁目20番3)
■開催日   2017年12月10日(日)
■開催時間  12:00~14:30(当日の状況により時間の変更の可能性もあります)
■イベント内容  
[1]吉村真晴選手、松山祐季選手によるデモンストレーション
[2]吉村真晴選手、松山祐季選手と観戦者の方とのチャレンジマッチ
[3]エキシビションマッチ 吉村真晴選手 VS 松山祐季選手
[4]吉村真晴選手、松山祐季選手 トークショー
[5]抽選会 ※抽選券は10:00から配布開始
■入場/観覧  無料