(c)Getty Images

競泳の萩野公介が11月26日に都内で行われた記録会に参加。5日間で20レースを泳ぎきった。大会後に更新されたインスタグラムでは、「最初から最後まで20レース死んでたけど、最高に水泳楽しんでる!」と充実感をにじませた。

2016年9月に右ヒジを手術した影響で昨年の同時期はリハビリ期間にあてていた萩野。泳ぎこみが足りないなかで迎えた今年の世界選手権ではメダルを逃す悔しい思いもした。それがあっただけに思い切り泳げる今年は充実しているようで、東京五輪に向け手術に踏み切ったヒジの状態もいいようだ。

萩野の投稿にファンからは、「最高に水泳楽しんでる!って素敵ですね」「きっと 『変化の先に進化あり!』ですね。目一杯楽しんで、頑張ってくださいね」「お疲れ様でしたー!とにかく楽しめててなによりです!これからも更に楽しんでください!!!」「20レースお疲れさまでした!楽しんで頑張れるのが最高ですね!」などの声が寄せられている。

萩野も参加する競泳日本代表は27日にスペインへ出発した。現地で1ヶ月間の高地トレーニングを行う。