【BIG6アワード2017秋 盗塁部門】

◇盗塁王 7個

法政・小林満平(3年 中京大中京)
11試合 打率.310 打点3 本塁打1

あと1試合を残し4盗塁で並んでいたが、最終戦で3盗塁を決めトップに躍り出た。打撃のイメージが強いが、走塁においてもチームの軸となる選手。シーズン中盤に自らのミスからベンチ外となるが折れることはなく、むしろ火がついたように調子が上向くという(復帰後3カードで6盗塁)、ガッツのあるところも指揮官が信頼する一因だろう。ラストイヤーの来年は、どんな活躍を見せてくれるのだろうか。

▼高校時代の主な成績:東海大会ベスト8

主将に就任し迎えた2年秋季大会、3番・三塁手として東海大会ベスト8。3年夏の県大会では準決勝で敗退。清水雄二、伊藤寛士、佐藤勇基は当時からのチームメイト