負けられない状況から、怒涛の6連勝。慶應の7季ぶり35回目の優勝で幕を閉じた2017年秋季リーグ。BIG6.TVでは「BIG6アワード」と題して、今シーズンの成績上位者をご紹介。4回目は“盗塁”ランキング。ダイヤモンドを駆け巡る韋駄天を紹介、塁間タイムにも注目ください!

【BIG6アワード2017秋 盗塁部門】

◇2位タイ 4個

早稲田・八木健太郎(4年 早稲田実業) 11試合 打率.235 打点3 本塁打1

3年春から切り込み隊長を務めてきた。ひとたび出塁すれば9割近く得点圏へ進塁。1番という打順も相まって「絶対に出したくないランナー」であり、相手が徹底的に対策をしてくる中、常に進化を追い求め、2位タイという成績を収めた。今季序盤は不振に陥るも、中盤以降は初本塁打を放つなど「俊足巧打」から「俊足強打」にレベルアップ。来年からは社会人野球の強豪・トヨタ自動車に進む八木。今後の活躍に注目だ!

▼高校時代の主な成績:夏の甲子園ベスト16

1年夏に投手として甲子園出場。1回1/3を4失点というホロ苦い結果となった。その後は甲子園出場無し。2学年上に重信慎之介(巨人)ら。