【BIG6アワード2017秋 本塁打部門】

◇2位 4本塁打
立教・藤野隼大(2年 川越東)
12試合 打率.386 17安打 10打点

春季1本だった本塁打数を大きく伸ばし、立教2年生としては笠松(大阪桐蔭)以来の4本塁打を記録。今季は「飛ばす力」にも磨きがかかり、長打率は春季の.453から.727に大幅アップ。今季は8番スタメンで開幕を迎えたが、終盤はクリーンナップに定着するなど、主軸としての期待も大きい。打った後の「バット投げ」にも注目だ。

▼高校時代の主な成績:関東大会準優勝
4番・捕手を務めた3年春に関東大会決勝まで駒を進めた。しかし夏は3回戦敗退。同級生に慶應・高橋佑、早稲田・福岡ら。