【BIG6アワード2017秋 安打部門】

◇最多安打(24安打)

慶應・清水翔太 (4年 桐蔭学園)
13試合 打率.480 打点13 本塁打0

2位に1.5倍の大差をつけ堂々の獲得。出場13試合中8試合でマルチ安打を記録し、今季の三振数はわずか1つ。ボールをヒットゾーンへ飛ばす技術は歴代屈指のレベルと言っても過言ではない。打点も岩見と並びリーグトップを記録。終盤の6連勝時には9打点を記録するなど、“陸の安打製造機”のフル稼働が優勝に大きく貢献した。進路に注目が集まったが、一般企業への就職を選んだ。

▼高校時代の主な成績:神奈川大会ベスト4

3年夏の神奈川県大会、準々決勝で現在のチームメイトの柳町(当時1年)らがいる慶應高と対戦してコールド勝ち。しかし、準決勝で法政・熊谷拓也擁する平塚学園にサヨナラ負け。同級生に明治・齊藤大将、法政・町田大輔ら。