【BIG6アワード2017秋 安打部門】

◇2位 18安打

法政・向山基生 (3年 法政二)
14試合 打率.327 打点5 本塁打0

左足を高く上げる一本足打法から力強い打球を放つ。三振を恐れない積極的なバッティングスタイルでありながらも通算打率.363を誇るヒットメーカー。春はケガに泣き試合出場がなかったが、今季は1番やクリーンナップなどで全試合に出場し自身初の規定打席到達も達成した。来年からは主将を務め、名実ともにチームを引っ張る存在となる。

▼高校時代の主な成績:神奈川大会ベスト16

3年夏に3年ぶりの5回戦進出を果たすも、小笠原慎之介(中日)と吉田凌(オリックス)を擁する東海大相模に敗れた。