総合格闘技団体「ONE」、128カ国で中継されており10の国と地域で大会が行われているアジア最大の総合格闘技団体だ。2011年に設立され、規模は現在UFCなどのアメリカの団体に次いで世界4位。来年は日本でも初開催を予定している。そんな急成長を続けるONEチャンピオンシップの代表であるチャトリ・シットヨートン氏が来日。

チャトリ氏自身も30年以上格闘技を続けており、日本だと柔道や空手、タイではムエタイなどアジアの武術に対する思いは強い。全てのファイター達をリスペクトしており、アジアの武術こそ本物の格闘技だと意気込む。そんな格闘技を心から愛するチャトリ氏がONEの魅力、ONEの未来を語る。

チャトリ・シットヨートン
ONEチャンピオンシップ代表、タイ出身。
米タフツ大学の経済学部を卒業後、世界有数の資産運用会社フィデリティ・インベストメンツに就職。97年のアジア通貨危機で景気が低迷し、父親の会社倒産などで全てを失う。しかしその後ハーバード大学経営大学院へ進み困窮した生活と学業を両立させる。卒業後はシリコンバレーで会社を設立し買収させ、経済的に成功し不自由の無い生活を送る。しかし自分のやりたいことが出来ていないのではと感じ、昔から愛していた格闘技の世界へ。2011年に「ONE」を設立し、現在までにアジア最大の総合格闘技団体に成長させる。