ソフトバンクに連勝し、タッチを交わす山崎康(右から2人目)らDeNAナイン=横浜【写真提供:共同通信社】

 

 

 

横浜DeNAが5対4で福岡ソフトバンクに逆転勝利。3連敗で崖っぷちに追い込まれながらも、逆転に次ぐ逆転で2連勝を飾り、福岡の地へ日本一の望みを繋げた。

 時折、雨が落ちる横浜スタジアムで行われた日本シリーズ第5戦は、互いに点を取り合うシーソーゲームとなった。先に主導権を握ったのは福岡ソフトバンク。1回表に内川のタイムリーで横浜DeNAの先発・石田から1点を先制した。一方、負ければ敗退が決まる横浜DeNAは主砲の一発で反撃に出る。4回裏、2死から3番・ロペスがライトフェンス直撃の2塁打で出塁すると、続く4番・筒香が左中間スタンドへ待望のシリーズ1号2ランで逆転に成功した。

 しかし直後の5回表、福岡ソフトバンクは速攻で追撃を仕掛ける。先頭打者・柳田のヒットをきっかけに1死3塁としてデスパイネの犠牲フライで同点。さらに内川のヒットでたたみ掛けると、続く中村晃がライトスタンド中段へ勝ち越しの2ランアーチを叩き込み、福岡ソフトバンクが2点のリードを奪った。

 このままパ王者が逃げ切るかに思われたが、本拠地の大声援を背に粘りを見せる横浜DeNAが6回裏、先頭打者・桑原のヒットと盗塁などで1死1、2塁とすると、筒香がセンターの頭上を越すタイムリー2塁打で1点差。さらに1死2、3塁の好機で宮﨑がしぶとくセンター前に弾き返す同点タイムリー。そして続く嶺井が放った打球が、二塁手・明石の失策を誘い、その間に筒香が逆転のホームを踏んだ。

 7回以降は横浜DeNAのリリーフ陣が走者を出しながらも踏ん張った。7回表はエスコバーが2死1、3塁の場面で中村晃をセンターフライ。8回表はパットンが1、2塁に走者を残した状況で守護神・山﨑康がマウンドに上がり、柳田を空振り三振に。9回表はイニングまたぎとなった山﨑康は3本の単打を許して2死満塁のピンチを招くも、最後は明石をファーストゴロに仕留めた。

 3連敗からの2連勝で「日本一になれると信じている。最後まで応援お願いします」とラミレス監督。敗れた福岡ソフトバンクは、中盤までは押し気味に試合を進めていたが、2番手で登板したモイネロが6回裏のピンチを凌げず。打線も終盤に訪れた再三の好機を活かせなかった。