早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター「WAVOC」は、誰でも参加できる「第7回 早稲田駅伝」を2018年1月20日(土)に開催する。

「早稲田駅伝」は、早稲田大学がプロデュースするランニングイベントだ。早稲田大学の在学生、卒業生、関係者だけでなく、早稲田に関わりのない人も気軽に参加できる。早稲田大学OBのサンプラザ中野くんがゲストに決定。箱根駅伝に出場した早稲田大学競走部も参加する。

開催種目は、5人1組で合計20.4kmを走る「駅伝」、約5.1km個人で走る「個人ラン」、小さな子どもも参加できるできる短距離(約1.25km)の「大隈ラン」。駅伝の区間距離は、1.7kmから6.8kmまでの間で設定されているため、チーム内でメンバーの走力に合わせて選択できる。

当日は選手、観客を含めた来場者全員で早稲田大学校歌や応援歌「紺碧の空」を歌う。また、早稲田大学応援部が選手を応援する。参加費用の一部は、震災復興チャリティとして平山郁夫記念ボランティアセンターの復興支援に係る活動費となり、WAVOCが実施する学生による被災地での支援活動へ充てられる予定だ。

開催日時は、2018年1月20日(土)9:30会場オープン。会場は、夢の島競技場(東京都江東区夢の島1-1-2)。料金 駅伝4,000円/名(学生の部3,500円/名)、個人ラン3,500/名、大隈ラン1,500/名。エントリーは公式ホームページから行う。12月18日(月)締切。