※掲載期限切れのため動画は削除しました

兵庫ディオーネVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第17戦が、8月26日ほっともっとフィールド神戸で行われた。

投手戦となったこの試合、延長9回までの接戦となった。

先発投手は両チームエースの登板で、ディオーネは里、アストライアは磯崎。

先制点はアストライア。
2回表、川端の盗塁から2アウト2塁の場面。7番・萱野がレフト前にタイムリーを放ち、0-1。

さらに3回にも2アウト2塁となり、ここで3番楢岡がレフト前ヒット。捕球エラー間に2塁ランナーがホームへ生還し、0-2とする。

アストライア・磯崎は、ディオーネ打線を6回まで3安打無失点に抑える好投を見せ、このまま終わるかと思われた7回裏のディオーネの攻撃。

エラーと四球で2アウト一、二塁とし、9番・榊原のレフト前ヒットで満塁。
さらに1番・厚ヶ瀬が三遊間の抜きレフト前ヒット。捕球エラーの間に2塁走者生還で同点に追いつく。

8回、9回はディオーネ・里、アストライア・2番手投手・萱野も落ち着いた投球で得点を与えず、そのままゲームセット。

兵庫ディオーネVS埼玉アストライアの第17戦は、延長までもつれるもまさかのドローゲームとなった。