※掲載期限切れのため動画は削除しました

8月30日、京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第14戦が、わかさスタジアム京都で行われた。

先制はディオーネ。
3回表、エラーとヒットで1アウト満塁の場面、4番・山崎がレフト前にタイムリーを放ち、0-1。

さらに5回。
1番・厚ヶ瀬がライトにプロ入り初となるソロホームランを放ち、追加点を挙げる。

しかし、フローラも負けてはいない。
3回裏、5回裏に1点ずつ加え、同点に追いつく。

試合は7回で決着がつかず、延長戦へ。

8回、ディオーネ打線が打者一巡の猛攻を見せる。
ノーアウト満塁から、7番・みなみの犠牲フライと9番・榊原から四球と連打で一挙5得点でフローラをリードする。

その裏、ディオーネ2番手投手宮原は5点のリードを守り切り試合終了。

ヴィクトリアシリーズ第14戦は、兵庫ディオーネが2-7で京都フローラを下した。