※掲載期限切れのため動画は削除しました

ティアラカップ熊本大会の3位決定戦、レイアVS京都フローラが、9/10藤崎台県営野球場で行われた。

初回、先制点を奪ったのはフローラ。
2アウト一、二塁から、5番・池山、6番・中村の連続タイムリーで0-2とする。

3回裏、レイアがチャンスを作る。
2番・佐々木がレフトオーバーのツーベースヒットで、2アウト二塁の場面。続く3番・星川がこのチャンスに応え右中間を破るタイムリーで1-2と1点差に追いつく。

3回以降は両チームともゼロ行進が続くが最終回、再び試合が動いた。

7回表、レイアの攻撃。
四球と内野安打でノーアウト満塁とすると、4番・森、5番・海老の連続タイムリーで3-2と逆転に成功。

その裏、2回以降2安打無失点に抑える好投を見せていたレイア・先発投手の龍田は、この回も三者凡退に抑えゲームセット。

ティアラカップ熊本大会の3位決定戦はレイアが3-2と京都フローラに勝利した。