※掲載期限切れのため動画は削除しました

9月13日、京都フローラVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第18戦が、タマホームスタジアム筑後で行われた。

この試合、序盤からアストライア打線が爆発。

初回、1アウト満塁で、5番・岩谷がレフト線への2点タイムリーを放つ。さらに2アウト満塁で8番・岩見の内野安打で3-0。

続く2回。
岩見の2打席連続2点タイムリーを含む、打者10人の猛攻で一挙5点を挙げる。

フローラも2点を返すも、アストライアは3回、4回にさらに2点ずつ加え、2-12と突き放しにかかる。

フローラは5回、ノーアウト二塁の場面で9番・岩田が左中間へタイムリーを放つ。
続く、1番・中野の犠牲フライで2点を追加し、4-12とする。

しかし、フローラの反撃もここまで。

ヴィクトリアシリーズ第18戦、京都フローラVS埼玉アストライアはアストライアが14安打12得点の猛攻で、フローラを下した。