10月29日、富士通スタジアム川崎で行われた関東学生TOP8第5節、早稲田大対日大の全勝対決は、14対3で日大が勝利した。

台風22号の影響による豪雨の中、日大は第1Q11分7秒にRB中野(2年)の8ヤードTDランで先制。早稲田大は3Q4分36秒にK長谷川(2年)の42ヤードFGで反撃したがここまで。日大は第3Q11分21秒にRBウイリアムス(3年)の1ヤードTDランで加点した。

早稲田大はエースQBで主将の坂梨(4年)がフル出場できず。総獲得ヤードは早稲田の171ヤードに対し日大は181ヤードと大きな差は見られなかったが、ミス・パントとパント体型からのスペシャルプレーの失敗など、フィールドポジションの不利を打開できず。ターンオーバーレシオもマイナス2と、ミスが多く出た試合だった。