ある者は子供のときからのあこがれ、ある者は己の力の挑戦ー。
今年もドラフト会議の季節がやってきた。BIG6.TV では学生野球の聖地とも言える神宮球場で、4年間にわたる激闘を繰り広げてきた東京六大学野球の強者たちの中から、プロ志望届けを提出した選手にスポットを当ててその想いに迫る。第1回は明大・齊藤大将投手。サイド気味のフォームからキレの良い直球とスライダーを操り、ここまで通算11勝を挙げている変則左腕だ。「運命の日」を待つサウスポーがその決意を語った(成績はすべて10月22日現在)。

◎プロ志望届を提出した思い
「県内のライバル選手の背中を見てプロを追うようになった」

明大が誇る左腕エースがプロの門を叩く。今年から「11」を背負う齊藤大将。昨年度は柳裕也が中日ドラゴンズから1位指名を受けるなど、名だたる先輩たちが背負ってきたエースナンバーの系譜だ。そして、自身も導かれるようにあこがれの舞台へと続く決断をした。
「プロを具体的に意識し始めたのは高校2年生(桐蔭学園)のとき。同じ神奈川県内で、対戦経験のある選手たち(楽天・松井裕樹など)がプロ野球に行く背中を見て『自分も行きたい』と思うようになりました。でも、実力を客観視する中で『まだ、通用するレベルではない』と感じる部分があって大学進学を決意したんです。(入学後は)先輩たちが毎年プロに入っていく中で、その人たちと同じことをできるかが、自分の成長につながると考えました。一番自信になった試合は昨年春の大学選手権(2回戦の対関西国際大)。結果的には1対2で負けてしまったんですけど、6回無失点のピッチングですごく自信になった。あの試合がもしかしたら“今の自分”につながっているかもしれませんね」

入学直後から頭角を現した齊藤は、1年春から登板機会を得る。同年秋にはリリーフとして8試合に登板して17回1/3を投げて自責点はわずか1。六大学の強打者を封じるために、1年生のときから追い求めたのは「コントロール」だった。
「一番成長が必要だと入学直後から感じていたのはコントロール。球速が出るタイプでないですし、だからこそレベルアップしたい思いがあった。なので、例えば同じ大学生選手の投球を間近で見たりしながら、自分と何が違うかを比べたりもした。いろいろと研究しながら、この4年間はひたすらコントロールを磨くことを意識しました」

4年生になってからは、プロへと進んだ先輩投手の後を受けて先発転向。春は2勝に留まったが、今秋はここでまで3勝で防御率1.61はリーグトップと好成績を残している。特に早大3回戦では10回2/3回を2失点とチームを勝利に導く熱投を見せ、偵察に来たスカウト陣に、その実力を証明してみせた。
「中継ぎは試合が作られた中で入っていく感じですが、先発は自分がゲームを作っていくという感じ。だから、気持ちの入り方を重視しています。でも、基本的には自分が任されたポジションで投げるというか、どこで投げても0点で抑えることしか考えていない。先発で結果は出ていますがどっちがいいとか、合っているというのはあまり気にしないですね」

◎4年間挑み続けた神宮の舞台とは
「(明大、神宮は)いろいろな意味で成長させてくれた場所」

高校野球を引退後、複数あった進路候補の中から、恩師や家族との相談を踏まえて明大に進学することを決めた。明大野球部が掲げる人間力野球は野球の能力以上に、「生活面や周囲への気配りといった人間的な部分を重視する」(齊藤)。
「明大は野球以外の面でも、人間としてすばらしい方々がたくさんいる大学という印象でした。最終的には野球で選びましたが、レベルの高いチームで自分がどれだけできるかということを含めて明治大学に決めた。大学に進学しなかったら、分からないこともたくさんあったと思います。例えば私生活の過ごし方や野球に対する取り組み方。自分がプレーする環境に一番適していたと思います」

神宮での戦いを齊藤は“成長の場”と振り返る。プレーレベルに加えて、この4年間で培った人間力で次なるステージで勝負を挑む覚悟だ。
「他校との神宮でのリーグ戦や国際大会など、高校からプロに行っていたら教わることがなかったことも、たくさん学んだ。そんな部分を含めて大学野球生活、神宮球場で戦った4年間はいろいろな意味で自分を成長させてくれた大切な場所でしたね」

■プロフィール
齊藤大将(さいとう・ひろまさ)1995年6月3日生まれ。左投左打。178㎝75㎏。桐蔭学園(神奈川)。リーグ戦通算51試合登板11勝4敗140奪三振、防御率2.14。140㌔を超えるストレートと鋭いスライダーを武器に明大エースとして、今季から背番号11を背負う。侍ジャパン大学代表にも選抜されるなど、国際経験も豊富なプロでも即戦力として期待される左腕。