ゼビオは、「アスリートナビゲーター活躍プロジェクト」を発足し、北島康介がプロジェクトのスペシャルアドバイザーに就任したことを発表した。

現役アスリートが「選手活動」と「社会人」としてのキャリア形成を両立できるモデルケース作りを行う同社は、アスリートの雇用を積極的に行っている。アスリートナビゲーター活躍プロジェクトでは、アスリート社員であるアスリートナビゲーターを2020年までに100名以上雇用し、スポーツ産業、業界の活性化を目指す。

同グループはこれまでに、アスリートナビゲーターを総勢53名採用。プロジェクトでは、アスリートが現役時代から競技と社業を両立して働ける環境づくり、引退後の社会での活躍を見据えたキャリア形成、アスリートが持つ能力・技術・経験を店頭での販売活動を通じて次の世代の子ども達や社会に還元する活動を行う。

プロジェクトのアドバイザーには、元競泳選手で現在起業家としても活躍する北島康介が就任。アスリートたちがビジネスマンとしても活躍できるということを証明し、現役、引退後のアスリートナビゲーターのモチベーション向上や働きやすい環境づくりなどに取り組む。

北島は、「一人でも多くのアスリートナビゲーターと直接会って、私の知識や経験を皆様に伝えることで、アスリート社員がより自信をもって競技と社業に取り組めるように、貢献していきたいと思います」と述べている。