慶應大学 5-4 明治大学
勝:石井 敗:水野
本塁打:慶應・柳町1号(7回)、岩見5号(7回)

慶應が秋季リーグ戦のトップを走る明治を延長戦の末に下した。

打線は3点ビハインドで迎えた5回表に反撃に転じる。一死一三塁から、3番・柳町(慶應)が左翼線に二塁打を放って1点を返すと、5番・清水翔(桐蔭学園)にもタイムリーが飛び出して2対3と詰め寄る。

7回には柳町と主砲・岩見(比叡山)に通算19号(歴代4位タイ)アーチとなる、二者連続弾が飛び出して4対3と逆転に成功。粘る明治に8回に同点とされるも、延長10回に二死満塁の好機を作ると、柳町が今日3打点目となる死球で決勝点を挙げた。

投げては先発・高橋亮(慶應湘南藤沢)が3回に3失点するなどして4回で降板するも、その後を5人のリリーフ陣が1失点でしのいで味方打線の反撃を呼び込んだ。

一方の明治は3回に2番・添田(作新学院)と渡辺佳(横浜)の連続適時打で3点を奪って序盤から主導権を奪うも、中盤以降に投手陣が慶應打線につかまり痛い逆転負けを喫した。