5年連続で世界チャンピオンに輝いたカイトボーディング界のカリスマ

スノーボードでいえばショーン・ホワイト、サーフィンでいえばケリー・スレーターのように、そのスポーツによってトップに君臨するカリスマ的選手が存在する。カイトボーディングの世界では、間違いなくアーロン・ハドローがそれにあてはまる。
1988年10月4日イギリスで生まれたアーロン・ハドローは10歳のときにカイトボーディングに出会い、2002年14歳のときにプロに転向、そして彼が17歳となる2004年から2008年にかけ、5年連続で世界チャンピオン(Pro Kiteboard Riders’ Association(略:PKRA)World Championships)に輝くというとてつもない偉業を成し遂げることとなる。

さらに、南アフリカはケープタウンで開催されたカイトボードの世界最大のイベント「Red Bull King of the Air」では、2015年、2016年と2年連続で優勝を飾る。これにより、アーロン・ハドローは計7回ワールドチャンピオンの称号を手に入れたことになった。
Red Bullサイトで公開されている「Red Bull King of the Air」の動画では、アーロン・ハドローらの驚愕パフォーマンスをみることができる。カイトボードを知らない人でも衝撃を受けること間違いなしの映像がおさめられている。