「自分の仕事を果たせればチームの結果も付いてくるはず」と巻き返しを誓った柳澤(早稲田大)

早大が集中打と柳澤一輝投手(4年・広陵)の力投で東大に連勝。3カード目にして今季初の勝ち点を獲得した。
 

早大は初回に宇都口滉内野手(4年・滝川)のタイムリーで先制したものの、2回に東大・新堀千隼内野手(2年・麻布)のソロ本塁打で同点に追いつかれた。
 だが、3回に東大先発の浜崎貴介投手(2年・鶴丸)に早大打線が集中打を浴びさせる。2四球で一死一、二塁のチャンスを作ると、加藤雅樹外野手(2年・早実)がレフト前に落ちるタイムリーを放ち勝ち越す。さらに三倉進外野手(4年・東邦)と岸本朋也捕手(3年・関大北陽)にもタイムリーが飛び出し、内野ゴロの間にも一者が生還して、この回5得点を挙げた。

 この大量援護をもらうと、柳澤は落ち着いてアウトを積み重ねていき、9回6安打9奪三振1失点で完投勝利を果たした。
 今季初勝利に柳澤は「下半身の使い方を意識したフォーム作りを夏場に取り組んできて、それがハマってきました」と話し、「結果も含め4年間で今が一番良い状態になってきています」と充実の表情を見せた。

今日も4打数3安打を放つなど打撃好調が続く宇都口(早稲田大)

■東京大vs早稲田大2回戦
東京大  010000000=1
早稲田大 10512000X=10
【早】○柳澤—岸本
【東】●浜崎、小林、柴田宮本−三鍋
本塁打:東京大・新堀(2回ソロ)

◎早稲田大・高橋広監督
「勝ち点は3カード目でやっとですね。でもまだ優勝の可能性があるので、この勝ち点を弾みにしていきたいです」

文・写真:高木遊