イチローが今季初盗塁、渡米以降17年連続、日米通算24年連続で盗塁記録

 マーリンズのイチロー外野手が28日(日本時間29日)の本拠地ブレーブス戦で代打で右前安打を放ち、直後、今季初盗塁を記録した。代打安打数は今季両リーグトップの27本目となり、メジャー記録の28本に王手。盗塁は渡米以降17年連続となり、オリックス時代からは24年連続となった。二盗を成功した直後には米メディアでイチローの盗塁成功率81%に称賛の声も寄せられた。

 この日ベンチスタートとなったイチローは5点リードの6回2死走者なしの場面で代打で登場すると、ブレーブス先発右腕テヘランの91.7マイル(約148キロ)のフォーシームを捉えて右前に強烈な打球を弾き返した。これが今季27本目の代打安打となり、ジョン・バンダーウォールが1995年に記録した28本のメジャー記録に王手をかけた。

 イチローはその直後、牽制を挟んで二盗を試み、見事に成功。これが今季初盗塁で、メジャー歴代35位タイとなる通算509盗塁目となった。この場面で現地で試合を中継した米メディアではイチローの盗塁成功率が81%であることを紹介。実況は「43歳、というのはただの数字にしかすぎません」と感嘆し、81%の成功率に「いい記録です」と賛辞を贈った。

 イチローは今季盗塁企図数は2回で成功1回で成功率5割だが、メジャー通算では626の企図数で成功は509回、成功は81.309%となっている。

通算500盗塁以上で歴代4位の成功率、「未だ素晴らしい」の声

 米野球データサイト「baseball-reference」によると、500盗塁以上を記録した選手の中でこれは歴代4位の数字。その上にはティム・レインズの84.696%(808盗塁)、ウィリー・ウィルソンの83.292%(668盗塁)、デービー・ロペスの83.010%(557盗塁)しかいない。現役で唯一イチローを上回る盗塁数を記録しているホセ・レイエス(メッツ)も、成功率で見れば80.377%と43歳のベテランには及ばない。

 またイチローはオリックス時代に199盗塁を記録しており、日米通算では708盗塁を成功。企図数は日米通算で858回で成功率は82.571%にまで上昇する。NPBで200盗塁以上を記録した選手のうち、歴代1位は昨年現役を引退した元巨人の鈴木尚広氏の82.909%。通算700盗塁を超えるイチローはこの数字にも肉薄している。

 現地で中継の解説を務めた元新人王のトッド・ホランズワース氏もこの日、衰えないイチローの走力を目の当たりにし、「とてもいいスタートでした。未だ素晴らしい」と脱帽していた。通算509盗塁はハリー・ストーベイと並び歴代35位。その上にはレイエス、バリー・ボンズ(514盗塁)と続く。安打数とともに盗塁数も歴代ランキングを駆け上がるイチロー。その数字の裏には驚異的な成功率も隠されている。(Full-Count編集部)