決勝打を放った大東(立教大)

立大が終盤の連続タイムリーで4対3と早大に逆転勝ちした。

 

この試合のハイライト動画はこちら!

 

 1対1の同点で迎えた7回表。6回まで2安打10三振と力投していた田中誠也投手(2年・大阪桐蔭)だったが、一死一塁からの牽制球を「目を早く切ってしまいました」と大東孝輔内野手(4年・長良)が後逸させてしまい、その後内野ゴロで二死三塁に。さらにここで藤野隼大捕手(2年・川越東)が牽制球を悪送球してしまい、勝ち越しを許した。

 だが、脅威の勝負強さを発揮して春に日本一に輝いた立大は、8回裏に反撃。無死一、二塁から4番の笠松悠哉内野手(4年・大阪桐蔭)にバントを命じ、笠松が見事に成功させると、続く飯迫恵士外野手(3年・神戸国際大附)の内野安打で同点に追いついた。

 さらに大東が「ミスは多少引きずっていましたが、打って返そうと思っていました」と、好投を続けてきた早大・小島和哉投手(3年・浦和学院)のストレートをジャストミートさせ、センターオーバーの勝ち越し2点タイムリー。開幕週の東大戦では無安打に終わり、この日は課題であった守備のミスをしてしまい、背水の陣に近い状態であったが勝負強さを見せた。
 このリードを、8回から田中の後を継いでいた中川颯投手(1年・桐光学園)が9回表に無死満塁のピンチを招きながらも1失点に留めて、立大が競り勝った。

最終回無死満塁から踏ん張った中川颯(立教大)

■早稲田大vs立教大1回戦
早稲田大 100000101=3
立教大  01000003X=4
【早】●小島、早川—小藤
【立】田中(誠)、◯中川—藤野

◎立教大・溝口智成監督
「完全に負ける時の失点パターンでしたが、帳消しにしようという雰囲気にチームがなれていました。考えられないエラーでしたが、粘れたのは状態として悪くはないですかね。慢心ではなく謙虚な自信を持っていければと思います」

文・写真:高木遊