アメリカンフットボールの関西学生リーグは22日、京都・西京極陸上競技場で開幕2連勝同士の関学大と京大が対戦し、2連覇を狙う関学が31-10で快勝した。これで関学は2005年から京大に13連勝とした。  

関学にスターターの入れ替わりが多く、逆に京大は下級生時から経験を積んだ選手が増え、久々の京大勝利も予想された試合だったが、終わってみれば関学の完勝だった。  第1Q終盤、京大が攻撃権放棄のパントでスナップをミス。関学は敵陣6ヤードからの攻撃を、RB高松祥生(4年、箕面自由学園)のTDランによる先取点につなげた。関学は次の攻撃シリーズでQB西野航輝(3年、箕面自由学園)がRBにハンドオフすると見せて抜くと、右オープンに大きく走路が開いた。82ヤード走って敵陣深くへ。これをRB山口祐介(3年、横浜栄)のTDランにつなげて14-0。  

21-3で迎えた後半にも10点を加え、京大の反撃を試合終了間際の7点に抑えた。  

関学の鳥内秀晃監督は「向こうのミスからチャンスをもらって点とれただけ。反則も多いし、ウチがそんなに強いわけやない」と語った。今季から出場しているQB西野はランで130ヤード、パスで99ヤードを稼ぎ、エースの座を確立した。「初めてのビッグゲームで、自分でリズムを崩したところもあったのが課題です。いつもと違う雰囲気がありました。でも、ミスを自分のランで取り戻せたのはよかった」。西野は笑顔で言った。

京大は自信を持って臨んだランがほぼ完封された。主将のDL植村佳史(4年、関西大倉)は「完敗です。絶対勝つと決めてたんですけど……。関学のこの試合にかける強い気持ちも感じました。次、立命に勝つしかないです」と、神妙な表情で話した。

 

【毎日放送でDiv.1第1節~第3節のハイライトが放送されます】

毎年Div.1全試合をハイライトで放送している毎日放送。10月1日深夜2時20分から、京都大学vs関西学院大学の試合を中心に、第1節~第3節の全12試合もハイライトでお伝えします。今年も、毎日放送は関西学生リーグを全力で応援します!

http://www.mbs.jp/kansai-football/