慶應大学 4-1 東京大学
勝:高橋亮 敗:濵﨑

慶應が粘る東大を振り切り、接戦を制した。

両チーム無得点で迎えた4回、慶應は一死1,3塁から照屋(沖縄尚学)の適時打で先制点を挙げる。その後同点に追いつかれ迎えた5回、郡司(仙台育英)の犠牲フライと清水翔(桐蔭学園)の適時打で2点を挙げ再度勝ち越しに成功。7回にも郡司の適時打で1点を追加し試合の主導権を握った。

投げては先発・髙橋亮(慶應湘南藤沢)が5回に点を与えるものの、その後は追加点を許さず9回10奪三振1失点完投。

敗れた東大は4回に1死満塁から山下朋(東海)の適時打で1対1の同点に追いつく粘りを見せるも、先発・濱崎(鶴丸)が5回に反撃に遭い、その後は打線が沈黙し追いつくことができなかった。

慶應は今季初勝利で星を五分に戻した。敗れた東大は明日勝利し、悲願の勝ち点奪取なるか。