明治大学 9-4 法政大学
勝:水野 敗:長谷川
本塁打:明治・逢澤1号(5回)、高瀬2号(5回)/法政・毛利1号(1回)、舩曳1号(6回)

明治が中軸の集中打で逆転勝利を飾った。

2点を先制され迎えた3回表、5番・越智(丹原)の犠牲フライで1点を返すと、5回に怒涛の反撃を開始。3番・渡辺佳(横浜)の2点適時打で逆転に成功すると、続く4番・逢澤(関西)がソロ本塁打。さらに6番・高瀬(長崎西)もソロ本塁打を放ち、この回一挙5得点で6対2とリードを広げ、9回にも越智と高瀬の適時打で3点を追加し、試合を決定づけた。

投げては先発・水野(静岡)が5回1/3を投げ被安打5、失点3、奪三振8、与四死球1の投球内容で試合をつくり救援陣もリードを許さず、最後は齊藤(桐蔭学園)が締めた。

敗れた法政は初回に毛利(愛工大名電)のソロ本塁打で先制し、6回に船曳(天理)の2点本塁打で2点差に詰め寄るなど一発攻勢を見せるも、明治をとらえることはできなかった。

 

明治は2カード連続の勝ち点を獲得し、王座奪還へ向け上々のスタートを切った。一方の法政は秋季開幕カードで勝利を飾ることはできなかった。