立大2回戦は2回までの6失点が響き大敗に終わった。

昨日も登板した先発の宮台(4年/湘南)は初回、1死から安打を許すとその後制球を乱し、連続で死球を与えて満塁となり、暴投で二者が還り先制を許す<東0-2立>。さらにもう一つ暴投で1死3塁となり、適時打でさらに1点を追加される<東0-3立>。

2回には連打で無死12塁とされ、サードの送球エラーで追加点、さらに適時打と内野ゴロの間に2点を追加される<東0-6立>。

その後は立ち直ったが、5回に先頭を内野安打で出塁を許すと、左中間へ適時二塁打を浴びさらに1失点<東0-7立>。

7回には先頭をセカンドのエラーで出塁を許すと、盗塁と捕逸などで3塁まで進塁され、内野ゴロの間にさらに1点を追加される< 東0-8立>。

打線は相手投手陣の前に8回まで散発3安打に封じられ、9回2死から離脱の山田(4年/桐朋)に代わりチームを引っ張る楠田(4年/桐朋)が意地の一発で1点を返すのが精一杯であった<東1-8立>。