早稲田大学 13-8 明治大学
勝:大竹 敗:森下暢
本塁打:早稲田・三倉1号(4回)/明治・越智1号(7回)

早稲田が明治に勝利し、第3戦に持ち込んだ。

早稲田は初回、加藤(早稲田実)の打球が相手の失策を誘い先制、続く宇都口(滝川)が2点適時二塁打を放ち鮮やかな攻撃を見せる。4回には3番・三倉(東邦)がリーグ戦初となる3点本塁打を放ち点差を広げ、7回には長谷川(仙台育英)の適時三塁打で二桁得点。

投げては、先発の大竹(濟々黌)が5回2失点で試合を作り、2番手以降は2メートル左腕・今西、ドラフト候補・柳澤の広陵高校リレーで明治の反撃を振り切った。

敗れた明治は、7回に越智(丹原)の3点本塁打、8回に河野(鳴門)の適時打で3点差まで追い上げるが、先発の森下(大分商)が2回を5失点と試合を作れず。序盤の失点が響き、敗北を喫した。