秋季リーグ戦の開幕戦は、4投手が継投で粘るも再三のチャンスであと一本が出ず惜敗となった。

開幕投手を任された濵﨑(2年/鶴丸)は3回表、二死から二塁打と死球で12塁のピンチを作ると、適時打を浴び先制を許す<立1-0東>。続くピンチでライト前へ弾き返されるも、ライト杉本(3年/金沢泉丘)の好返球で追加点を許さない。
5回表には2番手宮本(2年/土浦一)がマウンドに上がったが、先頭に安打、盗塁を許し、二死後に捕逸と暴投とバッテリーミスが重なり1点を失ってしまう<立2-0東>。
続く6回表にもソロ本塁打を浴びさらに1失点<立3-0東>。
7回表は3番手宮台(4年/湘南)が登板、この試合初めて三者凡退に切ると、その裏反撃したい打線は、先頭の代打岡(1年/小倉)が安打で出塁すると、進塁打で一死2塁とチャンスを作り、8番三鍋(3年/川和)が右前へ運ぶ適時打で1点を返す<立3-1東>。
しかし8回表、先頭に本塁打を浴び再び3点差に<立4-1東>。
9回裏、先頭の代打磯野(3年/時習館)が安打で出塁、1死後途中出場の山下朋(2年/東海)が内野安打でつなぐも後続が倒れ試合終了。残塁が二桁を数え惜しくも敗戦した。