関西学生リーグは9日、第2節が行われ、昨季敗れている龍谷大を41-9で下した京都大が
開幕2連勝を飾った。

この日の京都大QB田中大輔(4年、関西大倉高)は、2TDを含め10投連続パスを通すなど
87%のパス成功率。田中が試合後に「昨年の借りを返し、圧倒したかった」と語った様に
終始動きのいい京都大。RB陣も1度のタックルでは倒れない。
守備陣も奮起し、龍谷大のラン攻撃を61ヤードに抑え、ラン守備では2試合で93ヤードしか
前進を許していない。ただ、パスディフェンスには不安が残る。

京都大の西村大介監督(40)は、次節の関西学院大戦に向けて、
「RBやWR等も豊富にいて、力は関学さんが上」としながらも、
「チームに力強さが出てきた。全勝で対戦できるのは嬉しい」