立教大学 4-1 東京大学
勝:田中誠 敗:濵﨑
本塁打:立教・藤野1号(6回)、山根1号(8回)

立教が一発攻勢で、秋季リーグ開幕戦を勝利で飾った。

3回表、第一打席に死球で負傷退場した4番・笠松(大阪桐蔭)に代わって出場している松崎(横浜)が適時打を放ち1点を先制する。相手のミスで2点目を得ると、6回、藤野(川越東)のソロ本塁打で貴重な追加点を挙げ、1点を失い迎えた8回にも東大の3番手・宮台(湘南)から山根(浦和学院)がバックスクリーン横にソロ本塁打を叩き込み、4対1とリードを広げる。

投げては先発・田中誠(大阪桐蔭)が7回1失点と味方のリードを守り切り、2番手・中川も9回にピンチを招くものの、後続を打ち取りそのまま試合終了。

敗れた東大は好機こそ作るもののホームが遠い展開が続いた。7回に三鍋(川和)が適時打を放ち追い上げを見せるものの、相手投手陣を捉えることができなかった。

連覇に向け好スタートを切った立教。東大はここから連勝で待望の勝ち点をつかみ取れるか。