覇権奪回へ、秋に強い明治を見せつける。12年ぶりの5位に沈んだ昨季から、夏場を乗り越えチームも個々も一回りに成長。春の課題であった得点力不足もオープン戦では兆しが見えてきた。目指すのは秋連覇と日本一。全員野球で勝利をつかむ。

自慢の打棒で花道を飾る。宮﨑新内野手(文4=履正社)は昨季スタメン、代打の両方で活躍。慶大1回戦では大学初となる本塁打も飛び出すなど、最終学年にしてさらなる成長を見せた。「ここで4年間やってきたことを出すだけ」。思いをこめたスイングで、勝利に導いてみせる。(この取材は9月4日に行ったものです)

--昨季を振り返っての感想をお願いします
個人的にも色んなプレッシャーが掛かってて、出だしからあまり調子良くなくて。ずっとヒット打てなくて、慶大戦ぐらいからようやく調子が出てきた感じでした。出遅れてた部分があったので、今季はスタートからいけたらいいなと思います。

--印象的な場面はありましたか
慶大戦でホームラン打った時ですね。(大学公式戦で)初めてのホームランだったので、それが一番うれしいですね。

--二塁手としては河野選手や竹村春樹内野手(政経4=浦和学院)との併用でした
調子もそうですし、自分が左バッターなので、右ピッチャーの時にスタメンが多いとかそういう感じでした。バッティングは自信あるんですけど守備が自信ないので、もっと守備を磨けばスタメンのチャンスもあると思います。

--夏はどのようなことに取り組んでいましたか
体のキレを出そうと思って、少し体重減らしました。守備とか走塁で動きを速くするために。走ったり、食べるものとかも気を付けてました。油ものとかをあまり食べないように、まあ食べるんですけど(笑)。極力減らすように。(成果は)まだあまりなんですけど、気持ちちょっとだけ軽くなった気がします。

--打撃の面で取り組んだことはありますか
自分は3年生まで低く構える打ち方してたんですけど、4年生になってこのままだと大学生活で何も変わらないというか、進化したいという気持ちがあったので、打ち方を徐々に変えてます。少し上体を上げて、背筋を伸ばしてという感じです。今まではバットに当てることを考えてたんですけど、今はしっかり振って打とうと思ってます。そのおかけで春でホームラン打てたので、ちょっとは変わったかなと思います。今も少しずつ微調整してます。

--現在の調子はいかがですか
めっちゃ悪いですね。タイミングの取り方なんですけど、溜めがないといいますか。それでピッチャーとの間合いが取れてないので、詰まったり体開いたりして、自分のバッティングができてないですね。(それに対しての取り組みは)4年生の吉武(優大・政経4=福岡大大濠)にいつもタイミングの取り方とかを教えてもらって、ここ2週間ぐらいやってます。

--現在のチームの雰囲気は
だいぶ良くなってますね。前までは中野だけで声出したりしてたんですけど、それに付いていく人が増えてきた。全体的に声が出てきました。夏のキャンプで4年生が全員帰らされたんですけど、それがきっかけですね。

--来季がラストシーズンですが、今までと心境の変化はありますか
今までは次があると思ってたんですけど、今回は最後なので。ここで4年間やってきたことを出すだけですね。

--進路については
社会人チームで野球を続ける予定ですね。

--今季の目標を教えてください
最後なので、できるだけ多く試合に出たいですね。スタメンじゃなくても、自分が打ってチームが勝てばそれが一番うれしいです。とにかく自分はチャンスで打って、みんなを喜ばせたいです(笑)。

--最後に今季の意気込みをお願いします
みんなで力合わせて優勝して、日本一になった昨年のチームにも負けないって言われるようなチームになりたいです。

--ありがとうございました

◆宮﨑新 みやざきしん 文4 履正社高出 168cm・74kg 内野手 右投左打

[三ツ橋和希]