覇権奪回へ、秋に強い明治を見せつける。12年ぶりの5位に沈んだ昨季から、夏場を乗り越えチームも個々も一回りに成長。春の課題であった得点力不足もオープン戦では兆しが見えてきた。目指すのは秋連覇と日本一。全員野球で勝利をつかむ。

もはや六大学屈指の投手だ。昨季リーグ戦初先発を果たした森下暢仁投手(政経2=大分商)は、その後も4試合で先発するなどフル稼働。防御率でもリーグ2位という実績を残し、齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)と並ぶエースとして確立した。さらに今夏のユニバーシアードで、同学年で唯一日本代表として出場。確かな経験を積み、神宮の舞台に帰ってくる。(この取材は9月4日に行われたものです)

--日本代表期間を振り返っての感想をお願いします
他大学の選手と交流する機会があって、色んなことを学べた期間だと思います。

--ご自身の成績についてはどう思われますか
初戦とかは全然調子良くなくて、チームに迷惑かけてた部分があったんですけど、2回戦の韓国戦、決勝と自分のピッチングができたんじゃないかなと思います。(予選のアメリカ戦から次戦の韓国戦までの切り替えは)このままだと何のために代表入ったのかなと。しっかり抑えないといけないと思いました。

--一番印象に残っている試合は
一番は自分がホームラン打たれてしまった予選のアメリカ戦ですね。

--竹村春樹内野手(政経4=浦和学院)のキャプテンとしての働きぶりはいかがでしたか
責任感があって、明治でもチームを引っ張る方ですけど代表でもみんなをまとめて引っ張っていく姿勢が見れました。

--チームの雰囲気はどうでしたか
みんな仲良くて、いい雰囲気でできてました。基本先輩だったのでみんなが良くしてくれました。自分のやりやすい雰囲気とか場をつくっていただいたので、緊張とかすることなくプレーできました。

--刺激を受けた選手はいらっしゃいますか
ピッチャーも自分より全然良い選手ばかりで。バッターもこの人抑えたいなとか思わせる人ばかりで。誰がというよりはみんな刺激になりました。

--アメリカ、台湾での思い出があったら教えてください
あんまり宿舎とかのご飯がいいご飯じゃないというのが思い出です。台湾の料理だったり色んな料理があったんですけど、あまり合わなかったりで。食事の面の印象が強いです。日本だといっぱい食べれます。

--この夏はどのような課題に取り組んでいましたか
課題的には長いイニング投げないといけないという目標があるので、体重を少しでも増やそうとしたりしました。(方法は)食事もウエートもです。ウエートは週2、3回したりしました。食事はできるだけ多く食べるように意識しました。(成長したという実感は)まだあまり試せていないので、実戦して結果が付いてきたら成長したって言えるんじゃないかなと思います。

--大学日本代表にも斎藤選手とともに選抜されて、エースとしての自覚も出てきたのではないでしょうか
自分が先発していかないととは思ってるので、しっかりと勝ち点取れるように。斎藤さん、自分のどちらが一戦目行っても勝てる投手にならないといけないって自覚はできました。

--目標とする投手像を教えてください
いつ、どんな場面で投げても勝てる投手が理想です。

--対戦したい野手はいらっしゃいますか
高校代表だったメンバーや六大学の2年生もレベル高いので、対戦したいです。(高校代表とは)結構仲良いので、抑えてやりたいって気持ちは強いです。今でもご飯行ったりします。

--今の調子はいかがですか
悪くはないので、このまま行ったら春よりはいい結果出るのではないかと思います。代表を経験して自信が付きました。

--今季の具体的な目標を教えてください
自分が投げた試合は全部勝つくらいの意識で、チームが勝ち点を多く取っていきたいと思います。

--最後に今季の意気込みをお願いします
厳しい場面とかいろいろあると思うんですけど、バックを信じて自分のできることを精一杯やっていきたいと思います

--ありがとうございました

◆森下暢仁 (もりした・まさと) 政経2 大分商高 180㎝・73㎏ 投手 右投右打

[三ツ橋和希]