覇権奪回へ、秋に強い明治を見せつける。12年ぶりの5位に沈んだ昨季から、夏場を乗り越えチームも個々も一回りに成長。春の課題であった得点力不足もオープン戦では兆しが見えてきた。目指すのは秋連覇と日本一。全員野球で勝利をつかむ。

秋への準備は万全だ。オープン戦で先発、中継ぎとフル回転の夏を過ごした水野匡貴投手(農4=静岡)。2試合のみの出場と不本意だった春を過ごし「自分が結果を出さないと秋の結果は付いてこない」と覚悟は十分。課題だった制球面も克服し、秋こそ右のエースへ返り咲く。(この取材は9月4日に行われたものです)

--現在の調子はいかがですか
昨シーズンに比べたら球自体の質も上がってきたので、調子自体もいい状態で投げられています。全体的に高かったボールが低く集まっています。

--夏はどのようなところを重点的にやられましたか
チーム全体としてウエートに取り組んでます。高校時代ウエートを取り組んで伸びたなという手応えがあったので、そこは意識して取り組んでます。スクワットをして下半身を強化してます。

--特に意識されているところは何でしょうか
ボールの質を上げることと、質を上げても球が高いとダメなので低めを意識してやっていました。

--オープン戦では先発と中継ぎの両方を務められていました
球数は投げ込んできたので、スタミナの心配はないです。先発だと最低でも5回というのが自分の中にあって、立ち上がり苦しんだりすることがあるので、そういうのを考えずに初回から自分の出せるものを出して、1イニング、1アウト、1人の打者というように一球ずつ投げる意識で取り組んでます。(三振が多い)自分的には少ない球で打たせて取る方が野手もボールを触れる機会が増えるので、そっちの方がいいなと思います。自分が任させたところをリーグ戦では投げようと思ってるので、先発や中継ぎのこだわりはないです。

--多くの捕手の方が台頭されています
今まで捕ってもらう人は偏ったりしていたんですけど、オープン戦で組むようになってから色々なキャッチャーに受けてもらうようにしています。リード面も人それぞれ違うので、そのようなところも聞いたりして、自分の意見も言ってうまくマッチさせながらやっています。(春はバッテリーミスが多かったが)キャッチャーもストッピングなどたくさんやってきたので、改善はできていると思います。

--大学日本代表で4人の選手がいなかった中でのチーム状況はどうでしたか
抜けているところを埋めるではないですけど、そこで代わって出ていた選手も活躍しているので、すごくチームの底が上がっていると思います。下級生とかもみんな元気よくやってくれたと思います。

--春後は4年生の連携が課題の一つに挙がっていました
春は中野(速人主将・法4=桐光学園)に任せ切りという部分があったので、4年生一人一人が指摘し合ったり、下にも言うことはちゃんと言うようにしています。きつい練習があっても4年生中心で声出したりと鼓舞して、みんなやろうとしていていい雰囲気だと思います。(以前と比べて)試合中とかもよく声が出るようになりましたし、春のオープン戦は負けてばかりだったので、いろんな選手を使った中でも勝ち切るというのができていると思います。

--就活も一段落して4年生の層も厚くなってきたのでしょうか
野球は大学までという4年生も増えてきたんですけど、多くの面でサポートしてくれているので、自分たちも何としてでも勝ってやろうという気持ちもありますし、すごくありがたいです。

--キャンプで4年生は府中に帰らされた際に善波監督に言われたことは
もっと4年生がしっかりしないといけないというのは言われました。きつい練習でタイムが決められているのに切れなかったときも、注意する人がいないということがありました。タイムを読み上げてくれている人もいるので、そういう人たちの気持ちもわかるように4年ももっと一人一人が自立して、意識的にやろうとしています。

--話し合いとかはされたのでしょうか
春は中野に任せ切りだったので、4年生一人一人が発言しよう、注意するところはして、一人一人がやっていこうと話しました。春に比べれば言えるようにはなったと思いますけど、まだもっとできると思います。チーム中心に取り組んでいきたいです。(個人的には)自分ができる範囲ではアドバイスをしていますし、ベンチでも声を出しています。でも自分が結果を出さないと秋の結果は付いてこないといろんな人に言われているので、結果にこだわってやっています。自分が春にしっかりと投げれていたらあのような結果にはならなかったと思うので、自覚や責任を持ってやらないといけないと思います。

--大学日本代表の話も聞かれましたか
代表のピッチャーは何がすごいのかとは聞きました。真っすぐがいいそうです。それだけでも自分との違いとかがわかることもあります。

--秋の勝ちパターンはどのようにお考えでしょうか
一戦一戦、その中でも1イニング一つのアウトを大事にしていけば勝てると思うので、全員で勝つという強い気持ちを持ってやりたいです。

--ラストシーズンへの意気込みをお願いします
最後はやっぱりいい形で終わりたいので、4年生中心に全員で優勝できればと思います。

--ありがとうございました

◆水野匡貴 (みずの・まさき) 農4 静岡高 183㎝・82㎏ 投手 右投右打

 

[浜崎結衣]