京都で高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに出席したウサイン・ボルト氏。改めて現役復帰の可能性を否定し、2020年の東京五輪は観客として楽しみたいと話した。

今夏の世界陸上ロンドン大会で現役引退したボルト氏は、大会後の会見で「復帰の可能性はない」と完全否定。すべて達成したと話していた。

●【THE ATHLETE】ウサイン・ボルト伝説の終焉、ファンのために走ったラストランに悔いはなし

「東京五輪に出場しないのは不思議な気分だね。だけど、大会の盛り上がりや選手のウォーミングアップを、座って眺めるのが楽しみだよ。自分にとって、これまでとは違う五輪になるだろうけど楽しみだ」

絶対的な存在がいなくなった男子短距離界だが、ボルト氏は台頭してきた若手の活躍が東京五輪を盛り上げるだろうと話す。

「五輪はいつだって素晴らしい大会になる。近年台頭してきた若手選手たちがメダルを争うだろう。いつものごとく素晴らしい五輪になると思う。新たなスターの誕生も期待できる。陸上競技にとっても良いことだ」

京都で高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに出席したウサイン・ボルト氏(2017年9月5日)(c) Getty Images

京都で高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに出席したウサイン・ボルト氏(2017年9月5日)(c) Getty Images

ウサイン・ボルト(2017年8月12日)(c) Getty Images

ウサイン・ボルト(2017年8月12日)(c) Getty Images